赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は早めに改善しないとまずい!?第1子は特に注意

赤ちゃんは生まれた時に、アレルギーになりやすい体質かどうかが決まっているそうです。ご存知でしたか?

アメリカの大学で、へその緒で検査し、調査した結果、第1子はアレルギーになりやすい抗体を多く持っているそうです。そして、アレルギー発症のキッカケが、皮膚からも入ってくる事がわかっているそうです。

ではどんな対策をすればよいのでしょうか?

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は早めに改善

アレルギーが皮膚から進入するとなれば、赤ちゃんの時から保湿をして進入を防げば、大人になった時に、アレルギーになる頻度が低くなると言うことです。

皮膚が乾燥すると、皮膚から異物が入りやすくなるので、保湿してバリアを作っておく事が必要です。その為には、ママがしっかり赤ちゃんの時から保湿をしたかどうかにかかってきます。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は第1子が特に注意

アレルギー対策がきちんと出来ているかどうかは、ママに知識があるかないかで変わってきます。ママが勉強不足で対応していなければ、赤ちゃんがだんだん育って大きくなるに従って、アトピー性皮膚炎などのアレルギーを
引き起こしてしまいます。

赤ちゃんの時は、皮膚のバリア機能がまだ発達してないので、食べかすやハウスダストなどが皮膚から体内に入ってしまいます。なので、しっかり保湿してあげましょう。

最初に生まれた子供ほど、アレルギーになりやすい体質だと検査の結果で証明されているので、特に第1子の場合はしっかり保湿が必要です。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の改善方法

最近の研究で判った事は、生後6か月までを目安に全身を保湿すると、アトピー性皮膚炎を3割以上抑える事が出来るという事が分かっているそうです。

保湿ケアをしていないと、生まれて数週間から1歳ぐらい迄にアトピー性皮膚炎や、食物アレルギーになってしまいます。

そして、3歳位になると気管支喘息などが出てきて、10歳位になると花粉症をひきおこしてしまうリスクが高まるそうです。

この様な事から考えられるのは、赤ちゃんの時から保湿をしておく事が大切な対策のひとつです。皮膚の乾燥を防ぐためには、赤ちゃん用のワセリンなどで保湿してあげましょう。

例えばですが、ベビー用で刺激が少ない天然成分のスキンケアもありますよ。それは、アロベビーオーガニックスキンケアのミルクローションです。保湿度が高く、肌を潤すローションで乾燥を予防して、肌のバリア機能がアップします。

まとめ

アレルギーになりやすい体質は、生まれた時から決まっているそうです。最初に生まれた赤ちゃんが一番アレルギーになりやすい体質という事です。

そして、生後6か月までにきちんと保湿ケアを全身にすることで、成長した時にアトピー性皮膚炎になる率も低くなるようですので、しっかり保湿を全身にしてあげましょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

【体験談】中高年男性の 尿漏れと頻尿を 改善する食材とツボ
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
イツラックの口コミ | 胃腸の改善効果を実感した体験談
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP