赤ちゃんの腸内環境はママの影響?離乳食によって悪玉菌が増える理由とは?

待ちに待った赤ちゃんが誕生し、何もかも生活が一変してしまいますね。無防備な赤ちゃんを守ってあげられるのは、殆どが母親になってしまいます。その日から授乳やオムツの交換の繰り返しが始まります。

ママの方は、必死で気の休まる間もありません。そんな赤ちゃんの体内に、大きな変化が起きてきています。

ピカピカの腸には、生後3日目頃から、腸に菌が棲みつくようになってくるようです。

赤ちゃんの腸内環境の変化は離乳食による

実は胎児の腸は、無細菌状態だそうです。それが産まれて3日位経つと、ビフィズス菌が急激に増えて来て、離乳期を過ぎるぐらいになると、悪玉菌が増えてくるようです。なので、離乳食はとても大切になってきますね。

赤ちゃんの腸内環境への影響

赤ちゃんの腸内環境は、産まれる時にママの腸内環境を受け継ぐという説や母乳の影響を受けるとか諸説があるようですが、いずれにしてもママの腸内環境が影響する事は、間違いないようです。

なので、ママの腸内環境が善玉菌の多い腸にしておく必要があります。しかし、善玉菌と悪玉菌のバランスは、離乳食の後に決まっていくようですので、ママもそんなに心配しなくてもいいようですよ。

赤ちゃんの食生活をきちんとやっていけば、腸内環境も良い方向に変わっていきますので、安心して下さい。

腸内環境が悪玉菌に変化!?

私達の腸内には、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」が存在していて、善玉菌は、健康に必要な菌。

悪玉菌は、免疫力を下げたり、老化や病気を引き起こす菌。日和見菌は、優勢になった方の菌と同じ働きをする中立的な菌です。

赤ちゃんの腸は、生まれてすぐは90%が善玉菌のビフィズス菌なんですが、離乳食が終わり、大人と同じ食事をするようになると、いつの間にか悪玉菌が増えて、大人型のバランスになってきているようです。

そしてお年寄りになる頃には、ビフィズス菌は一桁になってしまい、免疫力が弱ってしまいます。

例えば甘酒を摂ると、腸内環境を整えて善玉菌のエサになるオリゴ糖がありますので、赤ちゃんにも離乳食を作る時にプラスして毎日食べさせると良いです。離乳食がいかに大切であるかを再認識して、作るように心掛けましょう。

参考
甘酒って体にうれしい!

まとめ

赤ちゃんの腸は、最初は無細菌状態だそうですが、段々成長すると共に離乳期を過ぎる頃には、悪玉菌が徐々に増えてきます。

ママの食事も母乳を通して、赤ちゃんに栄養が行きますが、ママも食物繊維などを十分摂るようにして、和食中心の食事にしましょう。
そして甘酒を毎日摂ることで、いろんな栄養が摂れますので、離乳食に取り入れて、毎日続けることが大切です。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
手作り昆布ローション(化粧水)作り方 | 乾燥肌しっとり!日焼け シミ シワ くすみ対策
noimage

Menu

HOME

TOP