マスクで化粧崩れ!目の下と頬のWゾーン!蒸れずにサラ肌キープする方法は?

風邪予防や花粉症の季節、マスクは手離せません。

マスクをつけたり外したりと、マスク問題に振り回されますが、外した時のメイクの崩れが気になりませんか?

今回は、崩れないメイクの仕方には、どんな工夫が必要かというお話です。


マスクによる化粧崩れ

インフルエンザや花粉症予防には、マスクが絶対必要ですよね。そんな時、マスクはどんな種類のを選びますか?

マスクには、ガーゼの物と不織布の物とがあります。一般的には使い捨てである不織布を使う人が殆どです。

頬にピッタリ合うマスクが、風邪予防や花粉症対策には、大事な事ですが、口の周りや、Wゾーンは蒸れてしまいます。そしてメイク崩れがおきてしまいます。

目の下と頬の「Wゾーン」

どうせマスクをしてメイクが崩れるのなら、いっその事ノーメイクにした方が良いかも!と思っていませんか?

しかし、花粉症対策をするという意味からだったら、メイクをした方がいいようです。というのも、直接肌に花粉が付いて、体内にアレルゲンを取り込んでしまうからです。

ファンデーションをしっかり塗ってガードすることで、花粉の侵入を防いでくれますので、メイクはするべきですが、普段のメイクではどうしても崩れて、目元から頬にかけての「Wゾーン」が剥がれてしまい、口紅も取れてしまいます。

サラ肌をキープするには?

マスクによって摩擦や湿気が起こり、メイクが崩れてきます。

化粧崩れの防止は、メイクの基礎になる化粧下地をしっかりしておく事です。目の下から頬にかけてのWゾーンを意識してメイクをしましょう。

1、ベースに日焼け止めを塗る

肌の色を補正し綺麗に見せる為に、日焼け止めを全体に塗ります。その後ファンデーションを薄く薄く伸ばしながら塗りましょう。

ファンデーションは、パウダータイプよりもリキッドタイプをオススメします。スポンジでポンポンとスタンプ塗りをして、しっかり乗せていきます。

2、パウダーで重ね塗り

崩れやすい所には、パウダーで重ねる事でサラサラになり、長持ちして崩れにくくなります。

3、チークはクリームタイプを

チークは落ちやすいので、パウダータイプよりもクリームタイプのチークをオススメします。チークは、ベースメイク前につけてからファンデーションを薄く重ねる事で、より落ちにくくなります。

4、リップは薄めのピンク色

先ずはリップクリームで保湿をして、その上からピンク色の口紅をポンポンと叩いて入れ込みましょう。輪郭がぼやけやすいので、先にリップペンシルでフチ取りをしておくとハッキリします。

5、ヘアスタイルもチェンジしよう

マスクをすると、髪型の方もマスクに似合う髪型にした方がいいですね。前髪が邪魔で顔全体の面積が狭くなりますので、少しでもおでこを出すようにした方がスッキリしますよ。

あとがき

マスクは風邪や花粉症予防や寒さ対策に必須アイテムですね。
しかし、マスクを外した時は、メイク崩れが気になってしまいます。そんな時、ちょっとした工夫でメイク崩れも気にならず、髪型も工夫して、マスクしていてもオシャレを楽しみましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

100均 お名前シール | 防水 耐水性をテスト | 実用レベルに耐えられる?
プール熱という感染症って どんな症状? 原因と予防法を知っておこう!
noimage
noimage
noimage
喪中の年越し 正月飾り 嫁の立場 | 実家の親が亡くなった場合は?
noimage
noimage
noimage
noimage
着物の宅配買取を体験 | まんぞく買取.com クチコミ
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP