人形供養 | 雛人形を気持ちよく手放す 神社で供養を代行サービスで

お雛様は桃の節句に飾って、とても綺麗で可愛いですね。女の子のいるご家庭では、ご馳走を作って、家族やお友達と賑やかにお祝いをする女性のお祭りです。しかし、このお祭りも何歳位までするものなでしょうか?

やがて娘さんが成長し、お嫁に行ったりする時は、そのお雛様はどうされますか?嫁入り道具の一つとして持っていきますか?あるいは実家で飾りますか?それとも必要ないので処分を考えていますか?

今回は、手放すとすればどのような方法があるかをご紹介します。

お雛様を気持ちよく手放す方法

雛人形やぬいぐるみなどには、昔から魂が宿ると言われています。女の子が生まれたら、どこのご家庭でも大抵は雛人形を用意されますね。大きいものでしたら七段飾りのものからケース入りなど、様々です。

ケース入りでしたら、年中飾っておられる様な感じですが、大きいものは場所も取りますし、また、雛人形は早めに出して、終ったら早めに片付けないと「婚期が遅れる」などと言われていますが、
そんな事は何の根拠もないらしいですよ。

実際に年中飾っていても、適齢期にはちゃんと結婚できたという話はよく聞きます。もう十分に厄払いとして身代わりになって守ってもらったので、結婚を機に必要性がなくなったので、処分することに決められる御家庭も多いようです。

雛人形の供養代行サービス

雛人形は普段の粗大ごみとして捨てるには、気が引けますし、魂も入っているということで、簡単に捨てるわけにはいきませんね。

そこで、全国各地にある神社やお寺で供養をされる方が殆どと思います。近くの神社やお寺でも人形供養をされてれる所があるかと思います。一年に一度決まった月にされる場合が多いようです。

しかし、簡単に供養して頂ける供養代行サービスというのがあるのをご存知でしょうか?

この方法は郵便局で取り扱っていて、家まで取りに来て下さって、神社で供養して頂けるので、忙しい人や持っていくのは面倒だなと思われる方には、とても便利で助かりますね。

人形供養代行サービスは手軽で簡単!

日本人形協会が日本郵政と提携して「ゆうパック」で代行を行っている、便利なサービスなんです。

お子様が成長されたり、独立されたりして不要になった人形を、毎月10月頃に行われる「人形感謝祭」の時に、東京大神宮で丁寧に供養していただけるそうです。

「人形供養代行サービス」に申し込みをされると、「お人形差出キット」が送られて来ますので、梱包だけしておけば、後は郵便局から自宅まで取りに来てくれるそうです。

申し込み方法

電話かwebサイト
電話:0120-25-5942

料金:一箱(袋)5,000円
(一箱で納まらない場合は追加分1個2,000円加算)

支払い方法

お人形差出キットに同封されている払込取り扱い票を利用して、近くの郵便局へ人形を発送後、1週間以内にお支払します。

いかがでしょうか。自宅まで取りに来てもらえたら、手軽で助かりますね。支払いも近くの郵便局でOKですよ。

あとがき

雛人形はお子様の身代わりになって、いろんな厄落とししてもらっていますが、成人したり結婚したりしたら、なかなか飾ったりもしないので、神社やお寺で供養されるご家庭が殆どだと思います。

今は、便利な供養代行サービスがあり、しかも郵便局との提携なので、安心しておまかせできるので助かりますね。処分を考えておられましたら、オススメのサービスです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
喪中の年越し 正月飾り 嫁の立場 | 実家の親が亡くなった場合は?
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
シニア犬のデンタルケアの重要性とやり方 | 愛犬が元気で幸せに暮らすために
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP