煮小豆の便秘解消効果 | 即効性も期待できるデトックスのレシピと簡単ストック小豆

小豆を食べて、血圧を下げたり、便秘の予防などに効果があると話題になっています。実際にはどんな効果があるのか気になりました。
今回は、煮小豆の活用法を調べてみました。また、簡単に作れる煮小豆の紹介をします。
【更新日

煮小豆の活用術で便秘解消

煮小豆の効果としては、冷え性、肩こり、疲れなどにも驚くほど効果があります。また腸がキレイになって便秘にもサヨナラ出来る効果があります。

実際に、小豆をヨーグルトとトッピングしたりして食べてますが、最近は薬に頼らず、この煮小豆を食べ続けるだけで、腸内環境が良くなっているのが実感出来ますよ。

簡単ストック小豆の作り方

煮小豆

小豆を炊くのは面倒だなと思っていませんか?実際は時間がちょっとかかるだけで、難しいものではありません。

お料理が好きな方はそうも思いませんが、食べたいけど時間が掛けられないという方に簡単にできる方法がありますよ。

それは、保温ボトルでストックすれば、時間短縮で簡単に美味しく作れます。

ストック小豆の作り方

小豆75gを洗い、保温ボトル480~500mlサイズのもので、ボトルに小豆を入れて、そこに熱湯を400ml入れます。

加熱ムラを防ぐために、軽く振って横に寝せておきます。大体8時間位が目安ですが、ボトルの性能などで少々時間差があります。

小豆を押してみて、潰れるぐらいになっていたら出来上がりです。硬かったら鍋でちょっと炊いて下さい。

小豆を最初から炊きますと、つきっきりで炊かないといけませんが、ボトルに入れておけばその間は仕事にも行けますよ。


煮小豆の効果的な調理法

いろいろと食べ方アレンジして、飽きずに継続。

煮小豆とバナナのシナモンがけ

バナナを一口サイズに切り、シナモンを振りかけます。そこに煮小豆をかけて食べたら、便秘に効果がありますよ。他の果物もプラスすると、更にボリュームも出て、お肌にも良いです。

かぼちゃと煮小豆と舞茸の煮物

かぼちゃのビタミンAと舞茸のベーターグルカンで更に免疫力がプラスされて、風邪予防やむくみに効果があります。

煮小豆サラダ

ベーターカロチンの豊富な人参、ビタミンCの豊富なパプリカやブロッコリーなどを茹でて、そこに煮小豆をプラスして、好みのドレッシングをかけたら、美肌に効果があります。

煮小豆のキーマカレー

普段作っているカレーに煮小豆をプラスします。豚肉と組み合わせたら、疲労回復やお肌にも嬉しいカレーが出来ますよ。

さいごに

小豆には沢山の栄養がありますので、毎日でも取り入れたいぐらいですね。

小豆を煮るのが手間だなと思う方は、保温ボトルに長時間入れておくだけで、すぐに食べたり、利用できますので、便秘とか血圧の高い人や、疲れ気味の人は、試してみるとよいでしょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
小豆のアクは体に悪い? 栄養や効能とアク抜きの方法など
noimage

Menu

HOME

TOP