春財布は風水で金運アップ!開運する思いを入れ込む言葉は?

春財布は、使い始めが大切だと色々諸説があるようです。その使い始めの日が、虎の日が良いとか、立春が良いとか、借金がある人は春財布はダメだとか言われています。これらは、風水の考えから来ているようです。

風水で開運・金運アップ

風水でより開運するためには、何よりも心掛けが大切です。そして、春財布は最初の使い始めに入れておいた、お金の量を覚えているそうです。

なので、なるべく沢山のお金を入れて、10日程寝かせます。静かに置いておくと、その間にお金の量を覚えて、常にその金額をキープするようになるそうですよ。

沢山のお金を用意できなくても、半紙や新聞紙をお札の大きさに切って、束にして一番上に一万円札を入れたらいいそうです。

それから、種銭を入れておく必要がありますね。

このお金は、お金の元となりますので、絶対に使ってはダメです。使えばお金の元がなくなりますので、お金が減るばかりです。

言葉に思いを入れ込む

日本には昔から”ゲン担ぎ”としての言葉がありますね。「言霊」と言われるもので、どなたでも聞いたり、言ったりした事がありますよ。例えば・・・

1、勝負に勝ちたい時は、”トンカツ”をかぶりつきますね。
2、商戦に勝ちたい時は、必ず勝つと言う事で”キットカットチョコ”を食べて、仲間と頑張ります。
3、一年間元気で働けるようにと、”黒豆”を食べます。
4、何かをやり遂げるために、粘り強くなるために、”納豆”を食べたりしますね。
5、妊婦さんはお産が軽く済むようにと、干支の戌の日に”安産祈願”に行きます。

などまだまだありますね。

このような言葉に思いを込めたり、願い事を込めると、開運、金運になりますよ。是非、やってみて下さい。

新月か満月に使い始めて金運アップ

風水の考えでは、新月は事始めのパワーがあるそうです。新しい事を始めたりするのに、最適の日なんだそうです。新しい財布を使い始めるにもとても良い日です。

また、満月は、お月さまのパワーが強く出る日なので、新しい財布に月光をしっかり当てて下さい。そうすると、金運が良くなるそうです。

金運アップには革財布

一般的には、牛革とか馬革とかが加工しやすく、使いやすいので、選ばれているようです。風水から言いますと、お金が貯まる財布の素材は、本革財布なんです。

革財布にもいろいろあって・・・

牛革

豊かさがあるので、お金を貯めるのに適していて一番人気があります。

馬革

財運や事業運を高めるのに効果があり、耐久性にも優れています。

羊革

羊は群れを作りますので、人間関係を良くしたい人にオススメです。

ヘビ革

蛇は何度も脱皮するので、お金の回りが良く、自営業や経営者の人にオススメです。

ワニ革

ワニは龍の化身と言われているそうです。あらゆる”気”の元とされていて、高級品です。

どなたにでも適するのは、牛革や馬革ですが、職業によってはヘビ革もオススメですね。

まとめ

開運、金運を考える場合は、風水的な考え方にする方がうまくいくようです。物は考えようですし、信じる事が開運に繋がりますね。

財布の使い始めの日とか、どんな素材の財布に
するかとかで、いろいろ金運が変わってきますので、あなたも風水の効果で、開運、金運してみませんか。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
着物の宅配買取を体験 | まんぞく買取.com クチコミ
noimage
noimage
終活の手始めは 身の回りの整理から!残される家族のために準備しておきたい事は?
noimage
noimage
noimage
noimage
100均 お名前シール | 防水 耐水性をテスト | 実用レベルに耐えられる?
noimage
noimage
noimage
noimage
厄除け饅頭 | 配る時期や由来・意味・通販情報 | 厄年に配るもの

Menu

HOME

TOP