お雑煮のお餅や具材の意味と 東西での違い 理由は?

お正月に食べる「お雑煮」と「おせち料理」は、一年の健康を願う大切な食事だと思います。その大切なお正月料理には、それぞれ”言われ”があるのをご存知でしょうか?
日本伝統のお正月料理を子供にも伝えていき、感謝の気持ちを持って頂きたいものです。ところで、各家庭では、お雑煮のだし汁や餅の形なども違います。それが「家庭の味」なんでしょうが、なぜこんなに違いがあるのか調べてみました。【更新日

お雑煮の餅の丸と角 東西の違い

お餅は、年神様にお供えしたお餅のお下がりを、具材を入れて頂くのが雑煮なんですね。そしてお餅は、長く伸びる所から、長生きするようにと願いを込めて食べられています。

そのお餅ですが、あなたの家庭では丸餅ですか?それとも角餅ですか?お餅の形は、東と西で違うようです。

東日本では角餅が多い

その理由としては、昔、江戸は人口が急激に増え、そもそも餅は人間の手で丸めて作りますが、丸めていると量が作れず間に合わないので、角餅だったら平らに広げて切るだけなので、一度に沢山の作れると言うことや「敵を倒す」と言う意味から、のし餅を切って焼いて使ったそうです。

西日本では丸餅が一般的

その理由は、世の中は丸いほうが円満に収まるという縁起担ぎから、中に入れる野菜も全部丸く切ります。四角は角が立つと言われ、丸餅が使われたようです。

それにお雑煮やをおせちを食べるときには、「祝箸」と言って両方の端が細くなっている箸を使いますよね。何故両端が細くなっているかご存知ですか?

これは取り箸として使うのではありません。一方は人間が使い、もう片方は神様が使うようになっていて、「神人共食」を表しているそうですよ。

お雑煮の具材の意味

お雑煮の具材も最近は、いろんな物を入れてとても豪華になっているようです。

一般的には、その土地で育った産物、特に里芋、人参、大根、ネギを入れることで、今年一年の豊作(豊漁)の願いが込められています。

また、お出汁も「おすまし」や「白味噌」などあるようです。白味噌仕立ては、関西が主流ですが、殆どの所がおすましのおつゆのようです。我が家もおすましで作っています。

さいごに

お正月料理には、家族揃って今年一年の健康と幸せを願って、お雑煮やおせち料理を食べますね。そんな時、お餅の事とか、おせち料理の具材の言われとかを話し合って、子供たちにも日本伝統の行事を教えてあげましょう。

お雑煮も各家庭で、父方の味、母方の味を守りながら、「我が家の味」を作っていきましょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

つきたて餅の伸びを実現!市販の餅を美味しくするレシピ
noimage
おいしい市販のスポンジケーキ おすすめ | スーパーで買える安いスポンジ台 | 食べ比べて思いついた「シャトレーゼのシフォン」のことも
noimage
noimage
noimage
生クリームの代用 | ホイップしないでケーキ作りを楽に【マシュマロ フラフ】カルディで見つけた!
noimage
noimage
noimage
noimage
発酵あんこ | 炊飯器で簡単な作り方 | 砂糖不使用の糖質制限スイーツで血糖値の上昇も緩やか
おいしい豆乳ヨーグルトの作り方。 乳酸発酵キャベツを使った植物性乳酸菌の効果って?
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP