七五三の祝い方と前撮りをする場合のメリット デメリット年齢は数え年?満年齢?

七五三は、子供の成長をお祝いするもので、本来は、11月15日に行いますが、現代では、10月~11月の都合の良い日に行っている家庭が多いようです。なによりも、子供が無事成長した事を祝う、その気持が大切です。

七五三の祝い方

近くの神社にお参りし、家族で写真を撮ったり、縁起の良い千歳飴を買って、食事をするスタイルが一般的です。ちなみに、千歳飴は「長く伸びる」ということで、長寿の象徴とされるお菓子です。

七五三のお参りは数え年?満年齢?

昔は数え年でしたが、現代は満年齢が一般的です。しかし、そんなにこだわる必要はありません。

満年齢で男の子は5歳、女の子は3歳、7歳でお祝いするのが一般的ですが、兄弟姉妹がいる時は、年齢にこだわる必要はなく、一緒にお祝いしても構わないようです。

前撮りのメリット・デメリット

今では、スタジオで前もって撮影するのが、当たり前になってきているようです。当日に撮影とかしますと、色々と子供も行事が多くて、疲れてしまいます。出来れば、写真撮影を別の日にすると、子供の負担を減らしてあげられますね。

前撮りのメリット

子供の負担が少なくて済みます。

スタジオによっては早割キャンペーンで割安になります。

ピーク時に比べ予約も少なく好みの衣装が選べます。

日程の変更がし易い。

前撮りのデメリット

予想以上に背が伸びたりして、予定していた衣装が合わなくなり、着れない事があります。

両祖母を招く場合、二度もスケジュールを調整してもらう事になり、負担をかけてしましまいます。

3歳で七五三を行う場合、早めに撮ると、小柄で気になるなーと思われたら、後撮りという方法もあります。

前撮りはいつから可能か

撮影をするスタジオによって、いろいろですが、早い所は4~5月位から、早割キャンペーンをスタートさせています。また、7月ごろに第2弾のキャンペーンを開始するお店もあるようです。

10月に入ると、キャンペーンも少なくなりますし、混み合いますので、予約は夏まで位にはされた方が安心です。

また、衣装はレンタルでなく、オーダーメイドでつくってもらうなど、自分で用意するならデパートや呉服屋さんでも7月頃から、七五三フェアーを開催する所が多いようです。

スタジオで撮影する時の確認事項

衣装をレンタルする場合

個人で用意する小物(足袋、腰紐)など。

前撮りした時の衣装を、当日レンタル出来るか。そして、その費用はいくらかかるか。
*5歳のお祝いは、男の子なので、写真撮影は和装にして、お参り当日は卒園や入学式に着れるスーツにしてもいいですね。

衣装の持ち込みは出来るか。

ヘア、メイク、着付

費用はいくら位かかるか。

希望は聞いて貰えるか。

大人もヘア、メイク、着付けをして貰えるか。

写真撮影

ポーズは何個までで、いくら位かかるか。

好きな写真を選ぶ事が出来るか。

写真の受け渡し

どの位の期間がかかり、データも貰えるのか。

台紙付きとか、ポストカードとかの選択肢はあるのか。

その他

子供の調子が悪い場合は、スケジュールの再調整は可能か。

キャンセルした場合、キャンセル料は必要か。

駐車場はあるか。

いろいろと細かい事がわかりずらいので、早めからメモをして、書き出しておきましょう。

まとめ

七五三は、子供の成長をお祝いする家庭の行事です。子供に負担のかからない方法で、都合のいい日に、近くの神社にお参りに行きましょう。

兄弟姉妹がいる場合は、一緒に七五三のお参りをしても大丈夫ですので、これからも子供の成長を見守っていきましょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
敬老の日 | 100均グッズで孫の手作り | 牛乳パック工作
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
稲毛海浜公園プール | 赤ちゃん オムツの子は水遊びできる?
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP