さつまいもの美容や便秘解消効果は女性向き!栄養素と選び方

さつまいもといえば、秋の味覚の代表的なもので、甘くて美味しいですね。寒い冬の石焼き芋なんかたまりません!
そんなさつまいもには、驚くほどの栄養があり、小さい子供からお年寄りまで、親しまれる野菜です。

今回は、栄養価、選び方、美味しい食べ方、などをご紹介します。

女性に嬉しいサツマイモの美容・便秘解消効果

さつまいもは、主成分はデンプンですが、食物繊維が多く、また、ビタミンCも多くて、幸いな事に熱を加えても壊れないのです。なので、栄養的にも優れています。

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維とがあります。

さつまいもの水溶性食物繊維には、コレステロールやナトリウムを吸着する働きがあり、塩分を取り除いて、血圧を下げる作用などがあります。

さつまいもの不溶性食物繊維には、腸壁を刺激して、ぜん動運動を活発にして、排便に繋がる働きをしてくれます。
また、体内に発生した毒素や悪い菌を吸着したり、腸内環境を整えたり、便秘解消、免疫力アップの働きがあります。

カリウムも豊富にありますので、むくみ予防もしてくれるんですよ。
こんなにいいものずくしなので、女性の美容や便秘に効果がありますよ。

さつまいもの驚きの栄養素

さつまいもと言えば、太りやすいとかオナラがよく出るとかで、あまり良いイメージはありませんね。
しかし、食材の効用が判ってくると、調理をするのが楽しくなってきますよ。

先ずは、本当に太りやすいのでしょうか?白いご飯とカロリーの比較をしてみた所、なんと、さつまいもの方が低いそうです。
それに白米ご飯より栄養豊富なので、副食と一緒に食べると、バランスのいい食事になりますね。ただ、糖質があるので、量には気をつけましょう。

また、炭水化物が分解されて、糖になるまでのスピードを表す数値をジャガイモと比較してみた所、さつまいもの方の数値が低くて、ダイエット効果にも適しているそうです。すなわち、太りやすいと言うのは間違いということになります。

さつまいもには、「ヤラピン」という成分(切り口から出る白い液体)があるので、これが腸の働きや、便を柔らかくする働きもあります。食物繊維との効果とも重なって、便秘に効果があります。

さつまいもには、ビタミンCも豊富なのですが、デンプンに守られているので、熱に強く壊れません。なので、風邪などの予防に目覚ましい効果があり、発がん性物質の生成を防いだり、抗酸化作用により心臓病や
精神的ストレスにも効果があるそうです。

カリウムも豊富なので、むくみにも効果があり、また、ビタミンEもあるので、細胞の老化を遅らせ、みずみずしい肌を保たせてくれるそうです。
こんなに沢山の効用がありますので、いろんな調理をして、毎日の食事に取り入れましょう。

甘くて美味しいサツマイモの選び方

折角食べるなら、美味しいものを選びたいですよね。
まず見た目で、皮の表面が鮮やかで、ハリがあり、傷や凹凸がなく、ひげの少ないものを選びましょう。
それに、切口から蜜のような物が染み出ているのは、「甘い証拠」ですので、是非選びましょう。

また、形としては、ずっしり重く、ふっくらした物が美味しいです。細長いスマートな物は、料理はし易いですが、ふっくら重たい方が美味しいですよ。

「新物」と「貯蔵物」の違いは?

「新物」は、収穫した取り立てのさつまいもです。食感としてはホクホクしていて、ふかし芋や大学芋に適していると思われます。

「貯蔵物」は、2~3ヶ月保存し水分を飛ばしたもので、こちらは甘みが濃くなり、しっとり感があります。冬の寒い時の焼き芋は、甘くて美味しいですよね。また、スイーツの素材に使うのに適していると思われます。

オススメの食べ方は?

さつまいもは、皮の近くに栄養がありますので、綺麗に洗って皮ごと料理するほうがオススメです。
また、低温でゆっくり焼いたり、蒸したりする方が、さつまいもに含まれる「アミラーゼ」という酵素の働きで、より甘みが増すそうです。

焼き芋、蒸し芋、大学芋、天ぷら、チップなど様々な調理法がありますので、普段の食生活に取り入れましょう。
またサツマイモは、なるべく切らずに丸ごと使うほうが、栄養がそのまま摂れるようです。切って使う場合は、汁ごと使いましょう。

保存方法

さつまいもの旬は、9月~11月頃で、紅葉・落ち葉の時期が最も美味しい時期です。

さつまいもは、寒さに弱いので、冷蔵庫での保存は避けてください。新聞紙に包んで冷暗所に保存しましょう。カットしたものでしたら、ラップに包んで新聞紙でくるみ、野菜室に入れて、なるべく早く使うようにしましょう。

まとめ

さつまいもには、ビタミン類が豊富で、食物繊維も多く含まれています。その中でも、ビタミンCは熱に弱い栄養素ですが、さつまいもの場合はでんぷん質にコーティングされて、壊れにくく、甘みもあって、栄養満点の食材です。

旬の時期には、特に栄養価も高いので、赤ちゃんの離乳食にも適しています。
また、便秘や美容やガンにも効果があるようですので、日々の食材として取り入れましょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
なちゅらだま 購入レビュー | 逆流性食道炎 胸焼け 胃酸が上がってくる感じの悩みに沖縄野菜の健康食品
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

正月太り解消法

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP