ハロウィン | 身近な食材で手作りして100円グッズで演出!デコ寿司 デコ鍋 かぼちゃデザート

最近では日本でもハロウィンイベントが
あちこちで盛んに行われるようになって来ましたね。
お祭りだからこそ、普段できないコスプレをして、
街をぶらぶら歩きまわったり、
食べたり呑んだりして楽しそうですね。

しかし最近は、自宅でコスプレして、
部屋もハロウィン風に飾り付けをしたり、
料理を楽しむ人が増えてきてるそうですよ。

カラフルアレンジデコ寿司

かぼちゃにちなんで、
カラフルな色を使い、”らしさ”を演出して、
ハロウィン寿司や鍋を囲んで盛り上がっているそうです。

ちらし寿司のトッピングには、
身近な食材の人参、サーモンを。
お化けには、白いはんぺんなどを使い、
海苔を切って貼り付け、コウモリなどを演出すると、
ハロウィン用のちらし寿司ケーキの出来上がりです。

手軽さと可愛らしさで、とても人気ですね~
オススメです。

身近な材料でデコ鍋

お鍋の方も、人参やはんぺん、うずらの卵、つくねとかで、
ハロウィン風にアレンジして飾り付けをします。
ポイントは、色と形なので、”オレンジ”は人参やサーモンで、
お化けの”白”には、はんぺんや大根を使って、
海苔を貼り付けて顔のパーツを作ります。

見た目が可愛いらしく、気分も上々で、
きっと家族や友達の間で、好評ですよ。

100円ショップグッズを揃えよう

ハロウィン用の紙皿や、簡単なコスプレ、飾り物も
100均で揃いますので、安く出来ますね。
ドラキュラ帽子や、カチューシャ、悪魔の杖など、
仮装のお手伝いをする商品が充実していて、
盛り上がれて、一石二鳥どころか一石三鳥になりますね~。

かぼちゃで作るデザート!

カボチャで作るケーキや、かぼちゃプリンなどの
デザートも作ったら、もっと盛り上がって楽しいですよ!

ケーキは、普通のケーキを作るようにして、
その中に潰したカボチャを練りこんで焼きます。

プリンは、かぼちゃを潰して、砂糖やバター、
卵、牛乳などを練り込み、型に流し込み、蒸して、
その後に冷蔵庫で冷やすと美味しいですよ。
かぼちゃの皮は、
素揚げしてトッピングしたら、無駄にもなりません。

ハロウィンとは

ハロウィンは、収穫感謝祭が基になったという説が有力で、
10月31日は1年の終わりの日とされていました。
悪霊が作物を荒らしたり、悪さをすると信じられていて、
この悪霊を追い出すために、お祭りが始まったそうですよ。

子供たちは、魔女などに仮装をして、近所に
”お菓子をくれないといたずらするぞ”と
お菓子をもらったりする風習があるそうですが、
日本では、知らない人の家に行って、
お菓子をもらう風習はありませんので、
子供たちにもよく理解させて下さいね。

そうしないと、近所でトラブルの元になりますよ。
ご近所でトラブルにならないように、親のほうが配慮して、
子供たちにその風習の違いなど教えましょう。

気の合う人同士や家族で、楽しいハロウィンイベントをして、
盛り上がりましょう!お祭りですものね~。

まとめ

ハロウィンは、年々盛り上がってきてますが、
最近は、家族や友達と部屋で楽しむ人も増えてきてます。
100円ショップをうまく利用して、
ハロウィンらしさを部屋中に盛り込み、
美味しい料理を手作りして盛り上がりましょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
カボチャのヘルシーお菓子をカンタン手作り!ハロウィン用に豆腐と車麩を使って
名古屋で特殊メイク してくれる店 ゾンビメイク 傷メイク | ハロウィン着替え場所
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
ハロウィンのゾンビ傷メイクは100均ショップで簡単に作れる!
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP