シニア犬のデンタルケアの重要性とやり方 | 愛犬が元気で幸せに暮らすために

愛犬が「ずっと元気で幸せに暮らせるように」と願う気持ちは、誰もが思うことですよね。でも、シニア犬になってくると、あちこち弱ってきます。
その中でも、歯や口内のケアは、人間と同じく非常に大切です。今回はシニア犬の口の中のケアの重要性について調べてみました。

シニア犬のデンタルケア:食欲がなくなる

人間も同じですが、シニアになると、食べる事が一番の楽しみになります。

歯が悪くなると、思うように食事が取れず、食欲も落ちてしまいます。

栄養が十分に摂れず、内臓などに負担がかかってきて、だんだん弱ってきます。

なので、普段から口の中をケアする必要があります。

シニア犬のデンタルケア:歯周病

愛犬に近づいてみると、口臭がしませんか?

口臭がするようでしたら、細菌が増殖していて、歯周病になっている可能性が高いです。

口の中の環境が悪くなると、人間と同じで、歯がぐらついたり、出血したりします。

手遅れになる前に

子犬のときから、口の周りを優しく触って、日常的にチェックする習慣をつけておくのが理想です。

子犬のときからは間に合わなかったとしても、気づいた時点で早めに対処してあげたいものです。

口を触られると、とっても嫌がるワンちゃんも多いようですが、だからといってお手入れをしてあげないと、後になって大変な事にもなりかねません。


デンタルケアの重要性:思わぬ病気になる

シニア犬になってくると、体の調子が悪くなってきます。

何かしら、いつもと様子が違うなと感じたら、口の中をチェックしてみましょう。

嫌がったとしても、どうにか調べてみる必要があります。口内の環境が悪くなっていることが多いです。

シニア犬のデンタルケア

獣医さんに診てもらう

口内に悪い細菌が増殖してくると、歯周病が悪化します。

歯の根っこである「根尖(こんせん)」の周囲まで炎症が及ぶと、骨を溶かすこともあります。

また、犬は口と鼻を隔てる骨が非常に薄いので、骨が溶けたりもします。

歯周病で骨が溶けて出口が鼻腔に繋がったりすると、くしゃみなどで鼻から出血したりします。

口の中に異常を発見したり、疑いがあると感じたら、獣医さんに診てもらいましょう。

デンタルケアの方法

愛犬を守るために、普段のデンタルケアが大切です。

歯ブラシでケア

犬用の歯ブラシや、子供用の小さな歯ブラシで歯を磨く。

口を触られることに慣れていない場合は、次に紹介する「ジェル」を使う方法はどうでしょうか?

歯につけるだけのジェルで磨く

歯ブラシを口に入れたり、こすったりするのが苦手なワンちゃんでしたら、ジェルを歯につけるだけでケアできるものもあります。

口臭もスッキリするとのことで、人気商品です。

ペッツルート無添加歯みがきジェル

おもちゃでデンタルケア

遊びながら噛むことで、歯垢を除去するというデンタルケアのおもちゃです。ストレス発散にもなり、昔から定番人気です。

ドッグフード「ふりかけ」タイプ

フードに振りかけるだけで、お口のケアになる「このこのふりかけ」という名前の食品です。

人が食べても安心レベルな材料で、ワンちゃんにとっても、おいしく食べてもらえます。

ワンちゃんの体に必要ない成分は、使っていません。

犬の8割は歯周病!?

犬の8割は歯周病(または予備軍)と言われています。

毎日の習慣として取り入れることのできる、いちばん簡単な「お口ケア」かな、と思います。

定期縛りなし

この手の通販商品では一般的な「定期購入」ですが、回数の条件は無く、安心して試せる良心的な会社です。

Check!>> 犬用歯周病対策ふりかけ「このこのふりかけ」

犬も口内環境に気をつけて

愛犬の元気で幸せな暮らしには、口内環境を良い状態に保つことがとても大切。

ワンちゃんを飼うと、いろんな事をしつけたり、大変忙しいものです。

ですが、芸が出来るようになったりすると、楽しくなって可愛いですよね。

しかし、口のデンタルケアを忘れてはいけません。

しっかり口を開けることに慣れてもらって、歯磨きさせることは健康のためです。

いろいろ工夫しながら、しっかりデンタルケアをしていきましょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
喪中の年越し 正月飾り 嫁の立場 | 実家の親が亡くなった場合は?
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP