メゾンカイザー 大阪限定【パン大阪】味わい深い小麦とずっしり感 | イートインできるパンカフェ

ルクア大阪の地下1階にある【メゾンカイザー】は、ハード系がおいしいパンカフェ。テイクアウトはもちろん、イートインできるパン屋は助かります。電源コンセントやフリーWi-Fiも使えるようになっています。

メゾンカイザー 大阪限定パン

メゾンカイザーでは、地域ごとに「限定パン」を作っているそうで、大阪の店では【パン大阪】というストレートな名前で売られています。

バニラとブラウンシュガー

丸型でかわいらしく、少し小ぶりに見えますが、中身はギュッとつまっていて、ずっしりと重みがあります。

「バニラとブラウンシュガーを使用」とのことで、甘みのある生地。

かと言ってまったく甘すぎることなく、いくつでも食べたくなるおいしさです。

米粉を思わせるような「もちっと感」もあり、噛めば噛むほど味わい深く、リピート買いのお気に入りパンとなってます。


味わい深いパン生地

メゾンカイザーのパン生地には、「バゲット」や「全粒粉パン」のようなシンプルなものから、味つけのための素材が練り込まれているものもあります。

デリスブランはホワイトチョコ

例えば「デリスブラン」というパン(写真の丸いパン・左)は、生地にホワイトチョコのチップが練り込まれています。

表面の黒っぽいつぶつぶが、チョコチップ。表面は焼き色で黒っぽいですが、中身はホワイトチョコ(白い)です。

大人っぽいパンが多い中で、これはお子さんにも気に入ってもらえるかも。

ほかに、レーズンとカスタードクリームをロールした「パン・オ・レザン」というのも、お子さん好みでしょう。

2種類のオリーブパン

先ほどの「デリスブラン」の下に写っている横長のパンは「2種類のオリーブパン」。

薄いグリーンとマルーン色のオリーブが入っています。

生地は柔らかめで少し塩がきいていて、オリーブとよく合います。

バゲットモンジュ

こちらは「バゲットモンジュ」の断面。

独自の小麦粉「メゾンカイザートラディショナル」を使ったバゲット。メゾンカイザーの看板商品です。

メゾンカイザートラディショナル
エリック・カイザー氏と日清製粉が共同開発。噛むほどに「独特の香ばしさ」と「深みのある美味しさ」が楽しめる、「フランスの伝統的なパンの味」を再現するための粉。パン作りする人に人気です。
参考 メゾンカイザートラディショナル【楽天】

バゲットのおいしい食べ方

メゾンカイザーのバゲットモンジュは、リベイク(焼き直し)したほうがおいしくいただけます。

冷めたバゲットを、イートインで食べてもおいしいことはおいしいのですが、少し味が落ちてしまいます。

メゾンカイザーのバゲットモンジュは、柔らかくて軽めなタイプということもあり、固くてズッシリしたバゲットとは違い、時間が経つと、せっかくの良さが落ちてしまいます。

リベイクするときは

バゲットなど、中身に空洞が多いフランスパンは、輪切り(スライス)にするよりも、できるだけ大きめの「かたまり」状態でリベイクするほうがいいです。

そうすることで、水分の蒸発をおさえることができ、しっとり感を残せます。

カットするときは、輪切りではなく縦にナイフを入れる切り方がいいです。

素早く焦がさず焼く

パンをリベイクする際に大切なことは、焼きたて状態に近づけること。

トーストするとき、ゆっくり焼いてしまうと水分が抜け過ぎてしまい、バサついた食感になってしまいます。

そのため、素早く、しかも焦がさずに焼き上げることが重要です。

パンをおいしく焼けるトースター

「素早く焦がさず」焼く。実はトースターだと、なかなか難しいワザなのですが、パナソニックの「コンパクトオーブン」なら、いい仕事してくれます。



コンパクトオーブン NB-DT52【Amazon】

遠近赤外線ダブル加熱

近赤外線ヒーターで中をあたため、遠赤外線ヒーターで外をこんがり。カレーパンなど、惣菜パンの中の具材までしっかり熱が通ります。

薄切・厚切を焼き分ける

食パンの厚みに合わせて焼き上げる「トースト 薄切/厚切コース」があり、7200通りの温度制御をもとにコントール。高級食パンも、しっかりおいしく。

冷凍パンもしっかり

冷凍されたクロワッサンやピッツァも「遠近赤外線ダブル加熱」でしっかり焼き上がります。

庫内が広い

一般的なトースターでは熱源が近いため、表面が焦げやすいですが、このコンパクトオーブンは庫内が広くて焦げにくくなってます。

「かたまり」で焼きたいフランスパンには最適。

参考>> コンパクトオーブン NB-DT52【楽天】
参考>> 【楽天市場】トースター | 人気ランキング

クロワッサン

発酵バターを使った「クロワッサン」も、メゾンカイザーの看板商品。

エクメック レモンティー

エクメックは、トルコ語で「パン」という意味だそうです。

茶葉とレモンピールにホワイトチョコまで練り込まれた生地は、とても香りがいいです。

また食べたいのですが、「期間限定」商品という情報も。定番メニューにしていただきたい逸品です。

全粒粉のパン

「パン・コンプレ」(小麦をまるごと挽いた全粒粉のパン)は、私は必ずリピート買いします。

全粒粉ならではの風味と深い味わい。シンプルな生地が味わえる、個人的には「感動レベル」のおいしさです。

ポイントカード

メゾンカイザーのポイントカードは、有効期限がありません。

他の店だと、短期間で通わないと意味がないようなポイント制が多いのですが、ここは良心的。


フルスクラッチのベーカリー

メゾンカイザーの他の店はわかりませんが、ルクア大阪店は、「スクラッチベーカリー」です。

粉の状態から生地を仕込んで、焼き上げるまでの全工程を、その店内で行います。(フルスクラッチ)

その日の気温・湿度などをもとに、仕込みから焼き上げまでを行うことにより、セントラルキッチンや工場での生産とは違う価値を生み出せます。

こまめに焼きたてが出てくるのも嬉しいポイント。

時間も手間もかかるスクラッチ製法ですが、これはパン屋さんの基本だと思います。

天然酵母・伝統的な製法

メゾンカイザーでは、自社製の天然酵母を使い、フランスの伝統製法を大切にしています。

マーガリンは使わずバターのみというところも安心感があります。

また、クロワッサンに使われるバターは、特別な製法で作られた発酵バターです。

参考 メゾンカイザーのこだわり | メゾンカイザー|

日本国内で製粉した小麦粉

以前はフランスから輸入した小麦粉を使っていましたが、船便では長い時間がかかるため、品質の悪化に悩まされたそうです。

船便で輸入される小麦粉には、殺虫剤が直接、粉に混ぜられているといいます。

輸入小麦の場合、小麦そのものにも「ポストハーベスト(収穫後に使われる農薬)」の問題がありますが、小麦粉として加工された状態で輸入されるときには、さらに品質に問題が出るということです。

メゾンカイザーに関しては、現在では日本国内で製粉された小麦粉を使っているとのことで、この点については、大きな意味があります。

さいごに:ハード系のリーン系

私は、どのジャンルでも「素材の味わい」を感じられる料理が好きなので、パンに関しても菓子パンや惣菜パンよりも、ハード系・リーン系のものが好きです。

リーン系のパン
粉・水・パン酵母(イースト)・塩といった、基本的な材料で生地を作るシンプルなパン。

こってりとした菓子パンや惣菜パンはありませんが、(サンドイッチはあります)生地に練り込まれたチョコチップやドライフルーツなどが、いいアクセントになっているパンもあります。

そして何よりも、自社製の天然酵母や粉にこだわり、伝統的な製法を大切にする、エリック・カイザー氏の姿勢が気に入っています。

自社製の酵母を使うということは、例えばラーメンで言えば「スープ」であったり、「秘伝のタレ」であったり、そのお店の個性・オリジナリティを表すことだと思います。

この店がある場所は

ちなみに、ルクア大阪の地下にあるこの場所は、2011年5月、ルクア開業当時は「ドミニク・サブロン」というパリのブランジュリが入ってました。

2015年2月、「ドミニク・サブロン」は閉店し、その後、日本から完全撤退しました。

こちらの店にも何度か行きましたが、やはりバゲットが看板商品で、テレビなどでも紹介されてたのがなつかしいです。

「ドミニク・サブロン」のあと、「神戸屋キッチン」が入ってましたが、2018年1月に閉店。

そして2018年11月に「メゾンカイザー」がオープンしました。

ここは、ルクアの地下通路の奥まった場所にあるためでしょうか、店が入れ替わってしまいますが、メゾンカイザーには末永くいていただきたいものです。

スポンサーリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
つきたて餅の伸びを実現!市販の餅を美味しくするレシピ
noimage
【天然バニラ入り】市販のバニラアイスを5つ買ってみました。スーパーやコンビニで買えるアイス。
noimage
noimage
ホットケーキミックスでヘルシー!もっちりパウンドケーキにする裏ワザ
noimage
noimage
noimage
発酵あんこ | 炊飯器で簡単な作り方 | 砂糖不使用の糖質制限スイーツで血糖値の上昇も緩やか
noimage
生クリームの代用 | ホイップしないでケーキ作りを楽に【マシュマロ フラフ】カルディで見つけた!

Menu

HOME

TOP