山の日 | 初心者 子供連れでもスニーカーで登れる山 京都

せっかく山の日も出来た事ですし、
近くで気軽に登れる山はないかなーと調べた所、
いい所がありましたよ。

子供連れで気軽に登れる山は?

初心者で、子供連れでも1時間前後で登れるという
「大文字山」に決めました。
ここは、歴史的にも有名な「大文字」で有名な
五山送り火が行われる場所なので、子供も興味津々で大喜びです!

スニーカーで登れる大文字山

五山送り火の時の”大”の字は、とても雄大な”大”の字ですが、
山頂まで行ったらどんな風になってるのかなー
あの”大”の字が、どんな形になっているのか、ワクワクしますね~。

大文字山に登るには、銀閣寺の寺領である参道を歩き、
銀閣寺の門まで来ましたら、門をくぐらずに左へ真っ直ぐ行きますよ。

すると、神社の鳥居にたどり着きます。
しかし、鳥居はくぐらずに右へ行きますと、
大文字山登山口にたどり着きます。
子供たちも、やっと登れるなーと意気込んでいる様子です。

そこからは、登山道を進み、途中に急な坂道もありますが、
何とかスニーカーで行けそうですよ。
汗をかきますが、頑張って登りましょうね。
水分補給も忘れないようにして下さい。

登り始めて大体30分で、”大”の字の所に到着です!
子供たちも”わ~!着いたね!”と大喜びですが、まだだよ~。
ちょっと休憩して、おやつを食べながら、周りを眺めました。

ここからは、京都の街が眼下に見えて、達成感もありますが、
”大”の字のてっぺんはまだですよ!
さあもうひといき頑張りしようね。

さあ!”大”の字のてっぺんに立ってみよう!

ちなみに、大文字の文字には火床というのがあり、
75基の点火台で作られています。

中央部分の”大の字の交差点”は特に大きな火床になっていますよ。
そう言えば、”送り火”の時に大きくて強く燃えていますね。

また、弘法大師を祀った「大師堂」があり、
送り火当日は、護摩木が祈祷され、その護摩木が親火になります。
護摩木は、松科常緑樹の木で作られている細長い御札で、
名前や年齢、願い事(例えば家内安全)などを書いて、
お寺などに納めるものです。

”大”の字の右払いの部分は、傾斜度が払いの先端まで120mもあり、
火床は27基も連なっているそうですよ。

それに、左の払いと右の払いでは長さが違っていて、
右側が長く、”大”の字は左右非対象になってます。
送り火の時にも確認してみて下さいね。

”大”の字の頂点は、”字頭”と呼ばれていて、
ここは2基の火床になっています。
火床は、土の中に埋め込まれていて、
耐火の大谷石で製造されているそうです。

大谷石(おおやいし)とは、耐火性、防湿性があり、
大地、水、空気の浄化に効果があり、
環境や人体に優しい石だそうです。
いろいろ工夫されているんですね。

しかしながら、”大”の字のてっぺんに立ってみても、
”大”の字なんかには見えませんね~。
大き過ぎて何の字か分からないのです。

こんなに大きい”大”の字を、
昔の人はどうやって描いたのでしょうねー。
頭のいい人がおられたんですね。

山の日が8月11日に決まった理由

平成28年から8月11日が「山の日」となり、
公式休日になりましたね。
休日が増える事は嬉しいことです。

でも、何故この日に決まったんでしょう?

実はお盆の時に連休が取りやすいようにと、
最初は8月12日が予定されたそうですが、
この日は日本航空の墜落の日と同日になるため、
どうしても違和感があることから、
8月11日の方に決まったそうです。
8月は国民の休日がないという理由もあったようです。

最後に

京都市内で気軽に登れる”大文字山”ですが、
子供連れでも登れますので、
この機会に挑戦してみてはいかがでしょうか。

頂上からの京都の街が一望できて、達成感もあり、
子供達も、京都の街に興味を持った様子なので、
歴史の勉強のキッカケにもなるかも知れません。

また、火床というのがあり、そこで燃やされた送り火が、
下から見るとこんな感じになるのかと、改めて感激しますよ。
京都では、送り火が終わると、
夏も終わりに近づいたなーと感じる風物詩です。
京都の夏をしっかり味わってください。

ちなみに、送り火当日は
大文字山には登る事は出来ません、念のため。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
デジカメ選び | イルミ・夜景がキレイに撮れる 画質が良くて安い おすすめロングセラーのコンデジならコレ!
noimage
noimage
noimage
七夕で子どもが喜ぶ そうめん!食べる理由と5色の短冊や笹飾りの意味は?
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP