【天然バニラ入り】市販のバニラアイスを5つ買ってみました。スーパーやコンビニで買えるアイス。

スーパーやコンビニで買える、「バニラビーンズ入り」のバニラアイス。「バニラ戦争」と言われるほど、天然バニラはたいへん貴重になっているようです。気になったので、近所で探してみました。

バニラビーンズ 入りアイス

正直なところ、今まで本物のバニラ入りとか気にしたことなかったのがお恥ずかしい話です。

「バニラ戦争」(下記)の話を聞いて、「そう言えば・・・」となったワケです。

森永ビスケットサンド

薄くてしっとりしたビスケット(サクサク感なし)に、分厚いアイスの層が食べごたえあり。

黒いツブツブがよく見えます。

種類別:アイスクリーム

原材料:ビスケット(小麦を含む)、乳製品、砂糖、デキストリン、水あめ、バニラビーンズ/加工デンプン、安定剤(ゼラチン、増粘多糖類)、乳化剤(大豆由来)、膨脹剤、香料 (内容量119ml)

メイトー バニラモナカ

「ホームランバー」で有名な、協同乳業のブランド「メイトー」のバニラモナカ。

バニラビーンズの粒はちょっと見えにくい(量少なめ?)かな、という感じです。

種類別:ラクトアイス

原材料名:砂糖、モナカ、脱脂粉乳、水あめ、植物油脂、卵黄、デキストリン、洋酒、食塩、バニラビーンズシード、安定剤(加工デンプン、増粘多糖類)、乳化剤、香料、着色料(アナトー、カロチン)、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)(内容量150ml)


牧場しぼり<クリーミーバニラ>

江崎グリコの「牧場しぼり」は、「しぼって3日以内の新鮮ミルク」にこだわり、濃厚な味わいの人気商品。

バニラの「つぶ感」しっかり。

種類別:アイスクリーム

原材料:生乳、乳製品、水あめ、砂糖、卵黄、バニラビーンズシード、乳化剤、香料、カロチン色素、(原材料の一部に卵・乳成分を含む) 内容量:120ml

SUNAO<バニラ>

こちらもグリコですが、体に気配りしながら、ちゃんとおいしいというコンセプト。

SUNAO<バニラ>グリコ

ギルティーフリーなアイス

豆乳や、トウモロコシ由来の食物繊維で、糖質ひかえめ。生クリームを贅沢に使ってるので、しっかり濃厚。

SUNAO<バニラ>グリコ

砂糖の代わりに「スクラロース」という甘味料が使われてます。甘味が強いので、原材料表示では後ろの方に記載されてますが、しっかり甘さが出ています。

他のアイスと比べても、甘さが足りないとは感じません。これはおいしい!

種類別:ラクトアイス

SUNAO<バニラ>グリコ

原材料:乳製品、食物繊維(ポリデキストロース)、豆乳、植物油脂、卵黄パウダー、乳等を主要原料とする食品、バニラビーンズシード、香料、安定剤(増粘多糖類)、乳化剤、甘味料(スクラロース)、カロチン色素、(原材料の一部に卵・乳成分・大豆を含む)内容量 120ml

SUNAOいろいろ。

Check!>> SUNAO バニラ【楽天】

ハーゲンダッツ

もちろんハーゲンダッツにも、バニラが使われてます。

ハーゲンダッツ バニラ

ちなみにハーゲンダッツの「バニラ」には、クリーミーな舌触りを重視するため、バニラビーンズの粒は入ってません。

ハーゲンダッツ バニラ

ハーゲンダッツは、小さくて割高なので、「食べた満足感」を高めたいなら「業務用」がいいかも。

参考>> ハーゲンダッツ 業務用【楽天】

冷凍庫のスペースに空きがあるか要チェックです。

種類別:アイスクリーム

ハーゲンダッツ バニラ

原材料:クリーム(北海道(生乳))、脱脂濃縮乳、砂糖、卵黄/バニラ香料、(一部に乳成分・卵を含む)内容量 110ml

どれも美味しいバニラアイス

どれも美味しいですが、「牧場しぼり」は濃厚なミルクの味わいが効いてます。今回初めて食べた「SUNAO」も好印象。「ハーゲンダッツ」に負けてないです。

バニラビーンズ入りは

バニラビーンズを入れる、ということは、それなりに味や品質へのこだわりが強いと思えますので、やはりバニラが使われていない普通の「バニラ風味」のアイスに比べて美味しいことは確かです。


バニラ戦争って何?

バニラの需要が高まり、価格の高騰、奪い合いになっています。

「バニラアイス」として売られているアイスクリーム類のうち、天然のバニラビーンズ(バニラの種子)を使っているものは少なく、多くがバニラの代わりとして合成香料を使ってます。(バニラ風味のアイス)

銀より高い!?

バニラビーンズの需要が世界中で高まっていて、バニラの国際取引価格は銀よりも高い水準にまで上がっています。

新興国の経済成長

世界的なオーガニック・健康志向によって、天然バニラの需要が高まり、アイス以外にも使われるうえ、中国やインドといった新興国が経済成長するにつれ、消費生活の水準が上がり、需要が高まっているわけです。

供給が追いつかない

バニラビーンズを生産している国(アフリカの島国・マダガスカルやインドネシアなど)は多くありません。

そして、追い打ちをかけるように、最大のバニラ生産国・マダガスカルを、2017・2018年連続で、巨大サイクロンが襲い、バニラ農家に大きな被害が出ました。

たいへん手間がかかる

バニラは大変な手間がかかる作物で、作ろうとする国が少ないのです。

花が咲くまで3〜4年かかるうえに、年間通じて数日しか花が咲きません。

その貴重なタイミングを狙って手作業で受粉しなければなりません。600輪の花からとれる乾燥バニラビーンズは1キロだけ。

そのため、特に経済発展した国では、「そこまでして・・・」ということになり、生産しなくなるということです。

バニラビーンズの盗難

バニラ生産国でも、作るのが大変だから、人が作ったものを盗む人が出てきてしまいます。

盗難から作物を守ろうとする農家との間で争いがおき、殺人にまで発展することも。

警備も不十分

盗難されないように見張ることにも限界があり、途上国では警察の機能も十分ではありません。

その結果、残念ながら、盗まれたバニラが、ある程度市場に出回ってしまうと言われています。

バニラは苦労の上に

私達がバニラを食べることができるのは、農家の人たちの大変なご苦労があってこそ、ということを考えさせられました。

スポンサーリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

おいしい市販のスポンジケーキ おすすめ | スーパーで買える安いスポンジ台 | 食べ比べて思いついた「シャトレーゼのシフォン」のことも
noimage
noimage
メゾンカイザー 大阪限定【パン大阪】味わい深い小麦とずっしり感 | イートインできるパンカフェ
ホットケーキミックスでヘルシー!もっちりパウンドケーキにする裏ワザ
noimage
生クリームの代用 | ホイップしないでケーキ作りを楽に【マシュマロ フラフ】カルディで見つけた!
noimage
noimage
市販スポンジケーキ 番外編 | 大黒天物産ラ・ムー イタリアから
noimage
noimage
無糖しそジュース | 砂糖なしで おいしい!作り方と効果・効能をチェック!
noimage
ピーナッツバターの代用 | アレルギーで困ったら? 簡単に作れる【パンの友】

Menu

HOME

TOP