甲子園 | 日陰席は時間で変化 熱中症対策もしっかりと!西日が厳しい高校野球観戦

甲子園の暑さは半端ない!直射日光を避けて「日陰の座席」で観戦したいものです。暑さをしのげる席でも、熱中症対策はしっかり考えておきましょう。
【更新日

甲子園で日陰の座席は?

中央特別指定席(バックネット裏)と1・3塁特別自由席の「上段」は、比較的長い時間、日陰になります。「銀傘」という大屋根の下です。

ここでは途中で雨が降ってきてもしのげます。

銀傘エリアでも、グラウンドに近い「下段」では、屋根が届きませんから、太陽が高い位置にある時間帯は日陰は期待できません。

銀傘 甲子園球場

バーチャル高校野球(甲子園)より引用

「日焼けしたくない」「暑いのは嫌」なら「上段」の席ですね。ただし、臨場感は薄れます・・・。双眼鏡が欲しくなります。

参考 座席図(ページの下部)

一塁側か三塁側か

1塁側か3塁側か迷う所ですが、3塁側は夕方ごろ、西日が強烈に差しますので、1塁側の方がマシでしょう。お目当ての試合に合わせて検討してみてください。

必ずしも応援するチームの側でなくても、逆方向から観戦するのも視点が違って面白いかもですよ。

午後2時~3時ぐらいになると、一塁側は日陰部分が多くなります。8月ともなれば、太陽光が斜めに傾くので、影が長くなるからです。

8月のある晴れた日に、銀傘エリアのスタンド席の日当たりを観察してみました。

午前の一塁側

一塁側の内野席は第一試合(8~10時ぐらい)なら、最上段以外まだ日陰が少ないです。そのかわり、比較的気温は上がってません。

そして、お昼の12時頃には、上から半分程度は日陰になります。

午後は日陰が増える

午前から午後まで長時間、何試合も観たいのでしたら一塁側の方がいいです。

午後2時頃には、一塁側のかなりの部分が日陰に入ります。それ以降はずっと日陰です。

午後に三塁側なら

三塁側はお昼前にはすでに上から半分程度しか日陰になっていません。その後どんどん日陰は消えてなくなります。

午後1時ころには

午後1時頃には、三塁側は上の段以外、大部分に陽が当たる状態になります。

夕方には、高い場所まで西日に照らされています。観客席にいる人もまばらです。まるで観客が一塁側に「避難」してるのでは? と思うほどです。

もし午後に三塁側に居座りたいなら、銀傘の付け根に近い上段部分の中央(バックネット裏)寄りでしたら大丈夫です。日陰では風も通りますので、涼しささえ感じることも。


野球観戦の熱中症対策

たとえ日陰の席で観戦するとしても、暑さ対策は必要です。日中の屋外ですから、甘く考えていては大変です。

参考 熱中症対策グッズ[楽天]

効率的に体を冷やす

首・わきの下・脚の付け根には【太い血管】が通ってます。この部分を冷やすことで、効率よく体温を下げることができます。

冷えたペットボトル、保冷剤、甲子園名物「かち割り氷」など活用しましょう。

水分補給の注意点

汗をかくと、体からは水分だけでなく、塩分も出てしまいます。

そのため「水分だけ」の補給では、体の中のミネラル分のバランスが崩れ、体調不良になってしまうことも。

「汗をたくさんかいた」と感じた場合は、水分とあわせて塩分も補給しましょう。スポーツドリンクや塩飴をなめたり。梅干しや塩昆布などもいいですね。

カフェイン入りに注意

コーヒーや緑茶などカフェインを含むもの、また、ビールなどのアルコール飲料は【利尿作用】があります。

利尿作用のあるものを飲むと、トイレが近くなり、水分がたくさん出てしまい、脱水症状を引き起こしやすくなります。

アルコールは避けたい

アルコールは体が火照ってしまい、余計に暑く感じてしまいます。何かと体調不良の原因になるリスクも。できれば飲まない方がいいでしょう。

夜のプロ野球観戦ならいいんですけどね。暑い中がんばってる売り子さんには申し訳ないですが・・・。

飲むなら「水」か、お茶ならカフェイン少ない「麦茶」「ほうじ茶」にしましょう。

麦茶はミネラル豊富なので、排出されてしまったミネラルを補給するにも好都合です。

のどが渇く前に水分補給

野球観戦に集中してると、ついつい忘れがち。水分補給は小まめにしましょう。攻守交代のタイミングとか、補給タイムを決めておくといいでしょう。

一気にごくごく飲むよりも

暑い時、一気にゴクゴク飲むと、せっかくの水分がすぐ汗になって吹き出してしまいます。適量を小まめに補給する方が効果的です。

前日はしっかり睡眠

試合観戦の前日は興奮して眠れなかった!とか、早朝から外出するので寝不足、なんてことも多いかと思います。

しかし睡眠をしっかりとっておかないと、体が疲れて体調不良になりやすいです。

前日は興奮したり、バタバタしたりで寝不足になりそうと思ったら、もっと前の日程から気持ち多めに睡眠時間をとって、体調を整えておきましょう。

最後に

甲子園球場で日陰になる座席は、季節や時間帯で変化します。観たい試合に合わせて検討するといいでしょう。

せっかく行くのだから、全試合を観戦したいなら、バックネット裏(中央特別指定席)か、強い西日を避けられる一塁側が無難です。

日陰の席に座るとしても、熱中症対策はしっかり考えて準備していきましょう。

日常生活での暑さとは比較にならないこと。覚悟しておきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
ひらパーのプール オムツで入れる? 日焼けや体の冷え対策も大切
noimage
noimage
noimage
デジカメ選び | イルミ・夜景がキレイに撮れる 画質が良くて安い おすすめロングセラーのコンデジならコレ!
noimage
noimage
noimage
恵方巻き | 100均で手巻き寿司作り | 2021年は南南東
noimage
敬老の日 | 100均グッズで孫の手作り | 牛乳パック工作
noimage
noimage
敬老の日 | 100均で手作り!実用的で喜ばれる小物と糖質オフおやつ

Menu

HOME

TOP