トマトに含まれるクエン酸やアルファリポ酸の効用と効果とは?

トマトには色んな成分がありますが、
その中でもトマトの酸味は、クエン酸です。

クエン酸やリンゴ酸などの成分は、
胃の粘膜を保護してくれます。
胃もたれやムカつき、
二日酔いを和らげる働きがありますよ。

空腹時に胃がキリキリ痛かったりした事はありませんか?

胃もたれや胸焼けが起こったりするのは、
胃酸過多が原因の場合が殆どだそうです。

トマトにはバランスよく、カリウムやカルシウムなどの
ミネラル成分が含まれていて、胃酸の中和をしてくれます。

そして、ビタミンAが胃の粘膜を保護してくれますので、
胃腸の働きを活性化し、
食欲不振の改善効果が期待できますよ。
飲み過ぎや、不規則な生活で起こりますので、
適度にトマトを食べて、改善に心がけましょう。

二日酔いにも、クエン酸やビタミンCや
ナイアシンが肝臓の働きを助けてくれますよ。

飲み過ぎると肝臓の代謝能力が耐えられなくなって、
アルコールの分解が出来なくなってしまいますので、
トマトジュースやスポーツドリンクで、
水分補給をして下さいね。

トマトジュースは、市販のものでもいいですが、
自家製ジュースをオススメします。
セロリなど加えたら、更に効果的ですよ。

また、アルコールを飲む場合は、
その前にトマトジュースを飲んでおく方が、
少しでも悪酔いを防げますよ。

それから、トマトに含まれる
健康成分のアルファリポ酸は、
抗酸化作用が強くて、老化防止や肥満、
認知症、肝機能にもいいんですよ。

アルファリポ酸は、主に体内のミトコンドリアを
活性化してくれるので、ブドウ糖をエネルギーに変えて、
活性酸素を抑制して、老化を防いでくれますよ。

ちなみにミトコンドリアは、
生命維持をする細胞内に存在しています。
細胞が活動するのに必要なエネルギーを生産しています。
エネルギーを作る能力をアップさせる事で、
体を若々しくするするための機能があるそうですよ。

アルファリポ酸を含む食品としては、トマト以外にも、
ジャガイモ、ほうれん草、ブロッコリー、人参、
牛レバーなどにも入っていますので、
この様な食材と一緒に食べたら、もっと抗酸化力が増えますよ。

トマトの栄養成分は沢山あって驚きますね!
生で食べ過ぎると、胃弱の人には負担になるので、
加熱して食べましょう。
余談ですが、食用ほおずきをご存知ですか?
ビタミンが豊富で、薬効成分が高いそうです。

食用ほおずきに含まれるビタミンAは、
トマトの4倍もあり、鉄分はトマトの2,5倍もあるそうです。

他にも、コレステロールの流れを良くして、
動脈硬化の予防、肝臓に貯まる脂肪を防止したり、
ガン発生の抑制したりと、色んな効果があるそうですよ。

こんなにも効果があるのでしたら、
食用ほうずきも食べてみませんか?
凄い発見だと思います。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
生クリームの代用 | ホイップしないでケーキ作りを楽に【マシュマロ フラフ】カルディで見つけた!
メゾンカイザー 大阪限定【パン大阪】味わい深い小麦とずっしり感 | イートインできるパンカフェ
noimage
noimage
noimage
小豆のアクは体に悪い? 栄養や効能とアク抜きの方法など
noimage
市販スポンジケーキ 番外編 | 大黒天物産ラ・ムー イタリアから
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP