トマトに含まれる栄養素のリコピンの効能や効果とは?

トマトといえば「リコピン」と言われる程、
リコピンの効能や効果が期待されます。
勿論、ビタミンAやCやB6などのビタミン類や、
カリウム、カルシウムなどのミネラル成分、
水溶性食物繊維があるペクチンなど、
様々な栄養素を含んでいます。

そんな中で、クエン酸やリンゴ酸などの酸味成分は、
胃の粘膜を保護して、胃もたれやムカつきを和らげる働きをします。

トマトに含まれるベーターカロチンは、体内でビタミンAに変わり、
美肌効果にいいし、ウイルス侵入口の喉や鼻の部分も
強くするので、風邪やインフルエンザにも掛かりにくくなります。

リコピンは、トマトの赤色の元になっている色素成分で、
抗酸化作用があり、血液をサラサラにしたり、
ガン予防も期待されています。

また、リコピンは脂肪を燃やすので、
ダイエットの効果や美肌効果といった
美容面にも効果が期待されます。

夜トマトダイエットが、以前話題になりましたが、
これは成長ホルモン分泌が夜に高めてくれるので、
基礎代謝を上げて脂肪燃焼に繋がり、
ダイエットにも効果が期待されます。

トマトを食べてから、臓器に到達するのに
6~8時間かかるので、リコピンを
効率よく働かせる方が良ければ、
夜に摂った方が効果的なんですね。

またトマトには、毒素を排出する
デトックス効果もあります。
私達は、知らず知らずの内に
水銀やカドミウム、ダイオキシンなどの
有害物質を体内に取り込んでいます。

この様な有害物質を食物繊維のペクチンが、
排便という形で排出してくれる効果があります。

リコピンは、抗酸化作用があるので、
子宮内膜にある細胞が、
骨盤のあちこちにくっついて起こる
傷や炎症などの症状(子宮内膜症)を
抑える効果もありますよ。

なので、不妊症の原因となる子宮内膜症を
予防する効果もあって期待できるそうです。

また、不妊症の男性の精子には、
リコピンが不足していると確認されているようです。
それで、リコピンを摂る事で、
男性不妊の予防にもなるようです。

ビタミンEもあり、これは性ホルモンの生成を助けて、
生殖機能を保護する効果もあるそうです。

不妊治療するには長期間必要なので、
気長にトマトジュースを飲むのもいいと思いますよ。
トマトジュース一本(180ml)には、
18mlのリコピンが入っていますよ。

リコピンって、色んな所に効能があるんですね。
凄い栄養素でビックリです!

糖尿病の予防にもいいそうですよ。
糖尿病は、インスリンが
うまく働かなくて起こりますので、
リコピンがインスリンの働きをサポートして、
正常になるように保つ効果があります。

糖尿病予防にトマトがいいのですが、
ひじきやワカメ、イワシの丸干など、
インスリンの活性化に必要なクロムが多く入っている食品を
一緒に食べるようにしたらより効果的ですよ。

まだまだありますよ。

リコピンは認知症の予防や、
善玉菌を増やす働きもありますよ。
こんなにも効果があるので、
「トマトが赤くなれば、医者は青くなる」というのが解りますね。

ここで、トマトを沢山食べるためのレシピを紹介しますね。

1、トマトとチーズの簡単オムレツ
材料:卵、トマト、とろけるチーズ、
パセリ、バター、塩、こしょう。

作り方:
●フライパンにバターを入れて、
溶かした卵に塩こしょうを入れて流し込みます。
●卵が半分ぐらい固まったら、カットトマトと
とろけるチーズを入れ蓋をします。
焦げないように火を小さくして下さい。
●チーズが溶けたら皿に移し、
パセリを掛けて出来上がりですよ。分量は適当で大丈夫ですよ。
目安としては卵2個、トマト半分ぐらい。お好みで。

2、ナスとトマトのミートグラタン
材料:なす2~3本、トマト小2個、ミートソース1缶、
とろけるチーズ一掴み、オリーブオイル大さじ1、塩、こしょう

作り方:
●ナスはヘタを落として、
皮を縞に剥きます。(適当でいいですよ)
●ナスを1cmぐらいに切り水につけます。
トマトも一口サイズに切ります。
●フライパンにオリーブオイルを入れ、
ナスを炒めて塩こしょうをします。
●耐熱皿にナスとトマトを交互に入れ、
缶詰のミートソースとチーズをかけ、
オーブントースターで5~6分焼きます。
チーズが溶ければ出来上がりです!簡単でしょう?

3、トマトとウインナー入りポトフ
材:トマト小2個、ウインナー3本、じゃがいも2個、人参小1本、
玉ねぎ小1個、ブロッコリー小分け4切れ、オリーブオイル少々、
コンソメスープ2片、塩、こしょう

作り方:
●材料を一口サイズに切ります。
ブロッコリーは茹でておきます。
●オリーブオイルで材料を炒めます。
そこに水をヒタヒタに入れて煮込みます。
●沸騰したら火を小さくして、コンソメスープ、
塩、こしょうを入れ、コトコト煮込みます。
●最後にブロッコリーを入れて味見して出来上がりです!
トマトがメインなので、もっと多くてもいいですよ。

どれも簡単な料理です。
色々工夫次第で美味しくなりますよ。楽しんでみて下さいね。
そして体質改善が出来るようにしましょう。
トマトジュースも夜に飲むと、リコピンが増えますよ。

それから、効果がアップされる食べ合わせとしては

1、トマト+ジャガイモ、ブロッコリー、玉ねぎ、ニンニク=老化防止
2、トマト+卵、りんご、チーズ、タコ=疲労回復効果
3、トマト+オリーブオイル、鶏肉、アボガド=脂肪燃焼。美肌効果
4、トマト+キャベツ、チンゲンサイ、唐辛子=血行促進効果

色々な効果が期待される組み合わせですので、
頑張って作ってみてはいかがでしょうか。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

小豆のアクは体に悪い? 栄養や効能とアク抜きの方法など
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP