青森ねぶた祭はねぶた師の巨大芸術品とハネトで大盛り上がり!

青森のねぶた祭は、青森市で
毎年8月2日~7日まで開催される夏祭りで、
毎年200万人以上の観光客が訪れます。

歌舞伎の見得を切る表情のねぶたの顔は、
テレビでいつも見ているので想像はつきますが、
間近で見ると、それは大きくて、存在感もあり、
びっくりする程の迫力がありますよ。

ねぶたの大きさは、
高さ5m、幅9m、奥行き7mの大きさで、
重さも4トンもあるそうですよ。
そんなに大きいとは思いませんでしたが、
確かに圧倒されますね~。

青森のねぶた祭の起源は諸説があるようですが、
「眠たい」という言葉に由来するそうです。

青森のねぶた祭は、七夕祭りの
灯籠流しの変形で、古来から精霊送り、人形、虫送りなどが
一体化して、紙や竹、ローソク、わらなどで灯籠を作り、
それが変化してねぶたになったようです。

ねぶたは、「眠り流し」の眠りが
「ねぶた」になったそうです。

ねぶたを木や枝で作ったわら人形を川に流すことで、
「睡魔」も流れるという儀式ですね。
しかし、今のねぶたから、
最初は木の枝や竹などで作られていたとは信じられませんね。

現在のねぶた祭りは、内部に電球や蛍光灯が、
600~800個ほど取り付けられており、
趣向を凝らして、夜の街を色鮮やかに彩ってます。
ねぶたの出来栄えや迫力を楽しむものになってますよ。

ねぶた師の北川さん親子が竹から針金に、
ローソクから蛍光灯へと創造性を高めて、
ドンドン大きく立派な物に完成させていかれたそうです。

また、ねぶた師の育成にも力を注いで頑張っておられます。
大変な仕事ですね。

最終日には、ねぶたを海上に流す儀式がありますので、
当時の面影を感じる事が出来ますよ。

ねぶたの顔ですが、
歌舞伎の見得を切る表情の顔が多いですね。
歴史的人物の源義経や、弁慶、
上杉謙信、織田信長などの顔が作られますよ。

また、中国の三国志や水滸伝、日本昔話や
神話である桃太郎や、一寸法師など、
誰でも知ってる物語が題材となってますので、
親しみやすくなってます。
見ている人も楽しんで鑑賞できますよ。

ねぶた祭は、ハネトという踊り子が「ラッセラー、ラッセラー」
と言う掛け声を掛けて踊り跳ねる事です。
その中に入って、観光客も踊ることが出来るそうですよ。
その衣装を着ると参加できますので、
レンタルで借りて、参加してみてはいかがでしょうか。

ハネトのレンタルは、
Aコース:3000円衣装一式(足袋と草履は含まれない)
Bコース:5000円衣装一式と足袋草履がセット。
(レンタル貸出は8月6日までです。)

連絡先:017-774-2550
営業時間:午後3時~10時まで
(8月6日は1時より)

開催状況ですが、
毎年8月2日~6日の夜間に運行します。
7日は昼間に運行はありますが、
夜に海上運行と花火が上がります。

1日には前夜祭が行われますよ。

青森のねぶたには、
大型ねぶた、子供ねぶた、地域ねぶたがあります。
子供ねぶたと地域ねぶたは、普通のより一回り小さいです。
かわいいねぶたでしょうね。
8月2~3日間運行します。

大型ねぶたは、期間中は運行されますが、
2日と3日は、数が少ないです。
8月6日には、ねぶた大賞と各賞が決まるので、
6日が一番の見所スポットになりますよ。
同じ見るのなら、この日がオススメですね。

それでは、青森のねぶた祭のスケジュールですが、

前夜祭:8月1日18時~21時
会場:青い海公園ステージ

開催日:
8月2~3日19時10分~21時
子供ねぶた(約15台)、大型ねぶた(15台)の運行

8月4~6日19時10分~21時
大型ねぶたの運行(20台)。
6日は受賞したねぶたが見られますよ。

8月7日:13:00~15:00
大型ねぶたの運行(20台)
19:15~21:00
青森花火大会。ねぶた海上運行(6台)
会場:青森港

青森のねぶた祭の見所は、
重さ4トンという巨大で、勇壮な
ねぶたの行列です。

決められたコースを2時間かけて運行されます。
そして、それを取り囲むように、
独特の掛け声をかけて踊り回るハネト踊りです。
最終日には、花火も上がって楽しめますよ。

観覧する場所としては、
運行コース浴線歩道に、
有料観覧席が設置されてますよ。

観覧席以外でも観れますが
かなり混雑しますね。

有料観覧席は、団体席と個人席とがありまして、
どちらもお1人2600円で、団体の方は、4月上旬から、
個人の方は、6月下旬からの販売予定です。

身障者用の席には車椅子用のスペースが用意されています。
料金は、通常より割引となってます。
付き添いの方で、席が必要の場合は通常の料金になります。

最後にホテルを紹介しましょう。

1、リッチモンドホテル青森
青森市中心地で、ビジネス、観光に便利です。
アクセス:青森空港からバスで
青森駅行き約30分、柳町通り下車徒歩1分
住所:青森県青森市長島1-6-6
金額:3,750円~27,380円
連絡先:017-732-7655

2、青森ワシントンホテル
市内中心地で、アクセス抜群。
市内最大規模の客室で安心と快適さを提供
アクセス:
JR青森駅正面出口から徒歩15分。タクシー約3分。
青森空港バス「新町2丁目」下車徒歩3分
住所:青森県青森市本町2-1-26
金額:3,500円~23,868円
連絡先:017-775-7111

3、海扇閣(浅虫温泉、夏泊半島)
雄大な浅虫温泉海岸を一望できる、
露店風呂を併設した展望大浴場と、
民芸調現代和風をテーマにした管内で、
毎晩本場の津軽三味線ショーが開催されます。

アクセス:青い森鉄道浅虫温泉駅徒歩2分
住所:青森県青森市浅虫字蛍谷3-1
金額:10,300円~30,240円
連絡先:017-752-4411

いかがでしょうか。
伝統のねぶた祭は一度は観覧したいお祭りですね。
青森旅行も兼ねて、いい思い出を作りましょう。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
センバツ高校野球の観戦コーデは防寒の服装と紫外線対策(UVケア)
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
ひらパーのプール オムツで入れる? 日焼けや体の冷え対策も大切
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP