はったい粉 レシピ | 40分で発酵!! 糖質制限パンの作り方 | グルテンフリー 香煎

米粉と、大麦の「はったい粉」を使った、もちもち香ばしいパンを簡単に作ります。糖質制限に加えて「グルテンフリー」ヘルシーなパンです。
色が黒いのは、はったい粉とコーヒーを使っているため。【更新日
グルテンフリー糖質制限パン

かんたん糖質制限パン
  • 時短発酵で気軽に作れる
  • 米粉でもっちり
  • グルテンフリー
  • 早食い防止の噛みごたえ
  • 食物繊維はったい粉

糖質制限・グルテンフリーのパン

関西で呼ばれる「はったい粉」は、関東では「麦焦がし」「香煎(こうせん)」とも呼ばれるそうです。

「大麦」を炒って粉にしたもので、小麦と比べて食物繊維・ミネラル豊富な、血糖値が気になる人には重宝する食材です。


糖質制限パン材料

はったい粉 米粉 炭酸(重曹)

食物繊維のおかげで、腸内環境改善・便秘解消効果につながります。また、ビタミンB群も多めなので、疲労回復、老化防止、美肌などの効果にもつながるとか。

ただし、そのような効果につながるかどうかは、「続けられるか」が問題です。

今回の糖質制限パンなら簡単に作れますから、継続的に食べることができるでしょう。作り置きもOKです。

ラップに包み冷蔵庫(野菜室)に入れておけば数日以上もちます。長くてどれぐらい大丈夫かは、試してないのでわかりませんが、冷蔵庫に入れておけば安心です。

レシピ:糖質制限パンの作り方

材料

  • はったい粉200g
  • 米粉450g
  • 炭酸(重曹)15g
  • 熱湯500~700cc
  • アイスコーヒー200cc
  • カルピス80cc

ほのかな甘さを出すため、冷蔵庫にあったコーヒーとカルピスを加えてみました。なくても構いません。

作り方

1はったい粉と米粉、炭酸を厚めのビニール袋(ジップロックなど)に入れて、よく混ぜる。

2アイスコーヒーとカルピスを混ぜ入れ、そこに熱湯を少しずつ入れながら、こねる。

3何度もこねながら、硬さ加減をチェック。(耳たぶ位の硬さ)

4ビニール袋に入れたまま、30~40分放置。(発酵)

5フライパンにくっつかないタイプのアルミホイルを敷いて、発酵した生地を適当な大きさに丸め、(手ごねハンバーグみたいに)弱火で焼く。

65~6分焼いたら裏返して、また5~6分焼く。(あくまでも目安です)様子を見ながら焼いてください。

6爪楊枝でさしてみて、ねっとりくっついて来なくなったら(ある程度の固さ)出来上がり。

大きさにもよりますが、15個位できます。直径10cmほど、小さなどら焼きぐらいの大きさ。

今まで何回か作ってまして、(試行錯誤)発酵時間は40分ぐらいで出来ています。

焼く時間は、分量とフライパンの大きさで違ってきます。お好みで、材料を加減してみてください。

よく噛んで食べましょう

砂糖などで甘み付けは、しない方がヘルシーです。そのままでも、よく噛めばおいしいです。

「よく噛む」ことが大切です。米粉のもっちり生地は、ほどよい硬さで噛みごたえがあります。

パクパクと早食いすると、血糖値の上がり具合が急になってよくありません。(血糖値スパイク

味は、物足りなければ、焼き上がった後に、ハチミツやバターをつけるなど、好みで味の調整が可能です。

ベジファースト

一般的な小麦のパンより「糖質制限」食品としては優れますが、血糖値が気になる場合は「ベジファースト」(野菜から先に食べる)な食べ順がいいです。

野菜の食物繊維が、血糖値の急上昇を妨げ、インスリン分泌を抑えられます。

野菜・きのこ類 → 肉・魚 → 炭水化物という食べ順が基本となります。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
ホットケーキミックスでヘルシー!もっちりパウンドケーキにする裏ワザ
noimage
簡単でカビない減塩梅干しの作り方 体験談 調味料で まろやかに
市販スポンジケーキ 番外編 | 大黒天物産ラ・ムー イタリアから
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP