葬儀が友引に重なる場合 身代わり人形を一緒に火葬で 道連れの心配なし

葬儀・火葬を友引にするのは縁起が悪いと言われますが、本当はそんなことありません。そうは言っても気になるようなら【身代わり人形】を一緒に火葬してあげれば、故人が寂しさを紛らわすこともできるでしょう。
【更新日

友引に葬儀は縁起が悪い?

友引は「六曜」(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)の1つ。

何か新しい事やお祝い事をする場合は、大安を選び、仏滅には日が良くないと言って、結婚式などしてはならないとか言われます。

友引にお葬式をすると

友引にお葬式をすると、故人と親しかった人を呼び寄せる(道連れにする)とかで、とにかく縁起が悪い日とされています。

お焼香

しかし、友引は本当に「友を引っ張る」ような事が起こるのでしょうか?

この考え方は、後から意味が付け加えられて、縁起の悪い日とされたそうです。

友引 本来の意味

本来の意味は「共引き」で、先勝と先負とのあいだにあり、勝負がつかない日、つまり「引き分けの日」というのが正しいようです。

「共引き」がいつの間にか他の事柄と混同されたりして、「凶事に友を引く」となってしまったそうです。

神社やお寺、仏教との関連性もなく、「仏滅だからお祭りはしない」という話も聞いたことがありません。(六曜とは中国から伝来した占いの一種)

そういう訳で、友引にお葬式・火葬をしても何も問題はない「迷信」と考えてよいでしょう。

身代わり人形

友引に葬儀をやっても、何の問題もないという事は分かりました。しかし、世間一般の風習がまだ根強く残っていて、やはり気にする方が多いのも事実です。

そこで、そのような場合に「身代わり人形」を一緒に入れて火葬する方法があります。

特に関西などでは、友引にお葬式をする場合、身代わり人形(友人形)をお棺の中に入れる風習があります。故人が寂しくならないとの考えなのでしょう。

どんな人形?

人形は、故人が大切にしていたものがあれば、その人形を入れたり、特になければ、ぬいぐるみとか、こけしを入れたらいいようです。火葬するとき人形用の箱を用意し、人形のお棺とします。

迷信とはいえ気にする友引

友引にお葬式をしても何も問題はありません。

しかし、昔からの風習がまだまだ根強く残っていますので、住んでいる所の風習に従う方が、トラブルなく済みます。

日程の関係で友引に当たってしまった場合は、「友人形」のお力を借りるなどして、故人が寂しくないようにしてあげるといいでしょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage
noimage
厄除け饅頭 | 配る時期や由来・意味・通販情報 | 厄年に配るもの
noimage
noimage
noimage
noimage
女性の一人暮らし | 防犯対策に男物の服を干しても効果はない!?
noimage
100均 お名前シール | 防水 耐水性をテスト | 実用レベルに耐えられる?
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP