隅田川花火大会の穴場の公園は子連れでも浴衣姿でもトイレが安心ですよ!

隅田川花火大会は、
江戸時代から続く日本最古の花火大会だそうです。

花火の種類は勿論ですが、
花火の数も2万発という、物凄い光景ですね。

その分観光客の多さも半端ではないので、
いかに穴場を探すかにかかって来ますね。

隅田川花火大会は、
2箇所に分けて開催されます。

第一会場は、19時05分にスタートし、
いきなり「スターマイン」(連射連発花火)で始まり、
物凄い迫力と短時間に大量に上がる様子は、
スピード感があって観覧者も大喜びですよ。

第二会場では、19時30分よりスタートします。
5分間の間に1000発以上の花火が上げられて、
その様子は圧巻としか言い表せない見事なものです。
迫力満点ですね!

19時40分からは、第一会場で
「花火コンクール」がスタートします。

地元の花火業者と国内花火競技会だそうです。
ちゃんと観れたら素晴らしいでしょうが、
どっち向いても人ばかり!

「疲れただけで、ちゃんと観れなかった」と
なりかねませんので、
少し離れた所から観る方がいいと思います。

そこで、いろいろある中で、
何箇所か穴場を紹介しましょう。

1、ここは広い公園なので、
一番のオススメの汐入公園です。

汐入公園からは、花火も
大きく観れますので迫力もありますよ。

また、隅田川に近いのと、
南千住駅にも近くて歩いていける距離です。
公園なので遊具もあり子供も飽きずに遊べますよ。

場所取りもしやすく、
トイレは浴衣でも不快感はありませんよ。

でもお昼ぐらいには着いていないと
夕方には一杯になってきますので、
早めに着くようにしましょう。

住所:東京都荒川区南千住8丁
最寄駅:「南千住駅」より徒歩12分
JR常盤線・東京メトロ日比谷線・つくばエキスプレス

有料駐車場もありますが、
とにかく混雑しますので、
公共機関の利用をオススメします。

2、水戸街道(国道6号)向島5丁目バス停
(5丁目ファミリーマートが目印です)。
最寄駅:「曳舟駅(ひきふねえき)」
東武亀戸線・東武スカイツリーライン

ここは、第一、第二会場の両方が観られ、
当日夕方以降は歩行者に開放されますのでオススメです。

3、銅像堀公園
ここは、水戸街道と同じ駅で、「曳舟駅」です。
間近で打ち上げられる花火をゆっくりと観覧できます。
高い建物など、障害物がないのでオススメですね。

4、タワーホール船堀
(江戸川区総合区民ホール)の展望塔
住所:東京都江戸川区船堀4-1-1
最寄駅:「船堀駅」地下鉄新宿線

ここは、会場からは少し遠いですが、
第一、第二の会場を観る事が出来ます。

離れている分混まないのでゆっくり楽しめます。
その上、展望塔への入場料は無料になり、お得です。

5、東京スカイツリー展望デッキ
ここは人気の場所ですが、スカイツリーグッズのお土産付きで、
4000円と少々高くつきますが、今年も販売されると思われます。

東京の夜景と花火大会の両方とお土産付きでオススメです。
高い所からの花火もいいものですよ。

この様に穴場スポットを知っているだけで、
安心して楽しむ事が出来ますね。

それでは、日程、情報などをお知らせします。
日時:2016年7月30日(土曜)
19時5分~20時30分
荒天の場合は、翌日7月31日(日曜日)に順延です。

場所
第一会場
桜橋下流~言問橋(ことといばし)上流
(19時5分~20時30分)

第二会場
駒形橋下流~厩橋(うまやばし)上流
(19時20分~20時30分)

打ち上げ玉数
第一会場 約9350発
第二会場 約10650発
来場予定人数 約95万人

こんなにも沢山の観覧者で賑わいますので、
どうしても穴場でゆっくり花火を楽しむほうが賢いと思いますよ。
お子さんともゆっくり楽しんで、いい思い出を作って下さいね。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

敬老の日 | 100均で手作り!実用的で喜ばれる小物と糖質オフおやつ
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
厄除け ぜんざい | 節分に厄払い 厄年にNGなことや厄よけアイテムなど
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
稲毛海浜公園プール | 赤ちゃん オムツの子は水遊びできる?
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP