祇園祭の山鉾巡行で出陣船鉾と凱旋船鉾が勢揃い!

祇園祭は、前祭(さきまつり)と
後祭(あとまつり)に分かれて開催されます。

もともとは、7月17日(9時)の前祭と、
7月24日(9時30分)の後祭に、
山鉾巡行が行われていましたが、
一月に2回の交通規制をかけるのは、とても大変だと言う事で、
1966年以降は前祭だけになっていました。

しかし、地元の人達の働きかけや、
無形文化財への登録などもあり、
2014年に49年ぶりに後祭が復活しました。

そこには他にも理由がありまして、
「大船鉾」が150年ぶりに再建され、
それを記念して後祭が再開したそうです。

「大船鉾」は、幕末の「蛤門の変」という戦いの時に
焼けてしまったので、巡行に参加しない「休み山」となっていたそうです。

しかし、鉾町の多くの人々の協力があって、
長い年月の末、「大船鉾」が作られて復活したそうです。

「大船鉾」は、後祭の一番最後に登場しますので、
是非注目して見て下さいね。
「大船鉾」が復帰したので、祇園祭には船形が2基になりましたが、
実はこの2つの鉾は、同じ船を表しているんですよ。

前祭の巡行で登場する船鉾は、「出陣船鉾」と呼ばれます。

何故かといいますと、こちらの船鉾は、神功皇后が
戦いのために船出するシーンを表しているので、出陣の船にあたります。

それに対して、後祭の大船鉾は、「凱旋船鉾」と呼ばれています。

こちらは、神功皇后が戦いから帰ってきたシーンを表しているんです。
今までは、船は戦いに行ったきりになっていましたが、
大船鉾が復帰したお陰で、行ったきりでなく、
帰ってくる事が出来るようになったと言う事で、やっと一対になったようですね。

この様な昔の悲しい歴史的事情があったとは
思っても見ませんでした。
その辺りもしっかり鑑賞してみてはいかがでしょうか。

立派な懸装品もユネスコ無形文化財に登録されています。
後祭は、露店も歩行者天国もありませんので、
逆にゆっくり鑑賞出来そうですので、オススメですよ。

露店がない代わりに、京都市主催の
「祇園祭エコ屋台村」が開催されるそうです。

会場:
京都芸術センター
地下鉄烏丸線「四条駅」下車
22、23番出口徒歩5分
市バス「四条烏丸駅」下車徒歩5分
(3,5,203,207系統)

(株)丸池藤井
阪急電鉄京都線「烏丸駅」下車徒歩5分
地下鉄烏丸線「四条駅」下車徒歩5分

宮井株式会社
阪急「烏丸駅」22番、24番出口より徒歩5分
地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」6番出口より5分

山音株式会社
地下鉄「烏丸御池駅」6番出口より南へ 一筋目を西へ
阪急「烏丸駅」22番出口より北へ 4筋目を西へ

開催期間:7月21日~23日
午後5時~午後10時

開催内容
1、エコ屋台村
京の地ビール、地酒、京食材にこだわった料理やスイーツ。

2、スタンプラリー
全てのエコ屋台村を巡られた方に、先着で景品を進呈します。

3、子供エコ遊び広場
子供たちが遊びながらエコについて楽しく学べます。

4、環境啓発ブース

昔から、後祭の方が山鉾の数も少なく、
前祭ほど見栄もパッとしないので、
今更、策を練っても手遅れと言う状況を表す言葉で、
”後の祭り”といいますが、この言葉はここから生まれたそうですよ。

現在でもよく使いますよね。ビックリ!です。
規模は小さいけど、見所は沢山なので、ゆっくり楽しめますよ。

それから、後祭の山鉾巡行と同じ日の
7月24日の朝10時から、花傘巡行もあります。

最初は、山鉾巡行が一日だけでしたので、
後祭の代わりに開催されたそうですが、
2014年から後祭りが復活したけど、
そのまま後祭の方の巡行になったようです。

花傘や馬に乗ったお稚児さんや花街の舞妓さんや芸妓さんなど、
約1000人の人々が巡行しますので、華やかで見応えありますよ。

こちらも是非鑑賞されてはいかがでしょうか。オススメですね。
八坂神社を10時頃出発して、また神社に12時頃帰ってきますよ。
その後も、八坂神社の境内でも踊りなどあります。

京都の都大路を十分に堪能されてはいかがでしょうか。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
稲毛海浜公園プール | 赤ちゃん オムツの子は水遊びできる?
ひらパーのプール オムツで入れる? 日焼けや体の冷え対策も大切
noimage
noimage
noimage
いちひめ神社 ひな祭り | 人雛 ひいな遊び 京都の女人守護の神社は体験型で楽しめる

Menu

HOME

TOP