結婚が決まった!結婚指輪はプラチナそれともゴールド?

結婚が決まり、色々と準備が大変ですね。
あれやこれやと忙しい中、
結婚指輪を決めなければなりませんね。

結婚指輪は、あまりデザインなどは少ないと思われますが、
何を基準に選びますか?見た目の感じで選びますか?

プラチナとゴールドでは、
どちらがいいのかなと迷う所ですね。

プラチナは、ジュエリーとしては日本が一番消費が多く、
ヨーロッパやアメリカでは、
ホワイトゴールドが圧倒的に多いようですよ。

プラチナは、粘り強い金属なので、
これを生かしてダイヤモンドを留める爪が
僅かで折れる事なくしっかり留める事が出来るようです。

ゴールドの場合、僅か1gを細長く延ばす事が出来るので、
細かい所やデザインに見事な柔軟性を発揮してくれるようです。

細長く延ばす物の例としては、「金箔」がありますね。
よく細工してる所を目にしますが、鼻息だけでも飛びそうですね。

結婚指輪としての選び方としては、

ずっと指につけているので、
実用的なのはどちらなのだろうか?
変形したりはしないだろうか?
耐蝕性の強いのはどちらなのだろうか?
などと気になる事がありますね~。

結婚指輪の多くは、プラチナ(pt950)とゴールド(k18)が
使用されていて、これを比較してみると、
実はゴールドの方が若干硬いようです。
そして変形もし難いそうですよ。

強度ランキングを見てみると

1ピンクゴールド 2イエローゴールド 3プラチナpt900
4ホワイトゴールド 5プラチナpt950の順になってます。

●プラチナの良い点としては
1.永年使用しても色が変わらない。
2.粘性で、石留が強い。
3.渋い色なので、落ち着いて見える。
4.日本ではプラチナが多く使われる。

●プラチナの悪い点としては
1.粘性が強いので、リンク全体が
変形する場合があります。
2.製作代が高い(そもそもプラチナは高い)

●ホワイトゴールドの良い点としては
1.純度を75%まで下げて強度を出しているため強い。
2.プラチナよりは安く出来る。
3.ホワイトゴールドの仕上げに
ロジウムコートが使われているので、肌映りが明るく綺麗。

●ホワイトゴールドの悪い点としては
1.長期間使用した場合、
少し色があせる事があります。

以上の様に、
どちらにも良い点、悪い点がありますが、
大して気にする事はないと思われます。

デザインや予算に合わせて選ぶ方をオススメします。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
センバツ高校野球の観戦コーデは防寒の服装と紫外線対策(UVケア)
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
敬老の日 | 100均で手作り!実用的で喜ばれる小物と糖質オフおやつ
noimage
noimage
プール熱という感染症って どんな症状? 原因と予防法を知っておこう!
noimage

Menu

HOME

TOP