水虫になったのか痒くて水ぶくれができた その原因と対策とは

清潔にしているつもりだったのに、
いつの間にか足の指の間が痒くなり、皮が剥けてきた。

これは水虫ですよね。
しかし、いつの間にかなってしまったのでしょうか。

水虫は、カビの一種の”白癬菌(はくせんきん)”という菌で
感染する皮膚病で、”カビ”なんです。
この”カビ”は高温多湿を好み、温度は15度以上で、
湿度は70%以上になると急に増え出します。

この状態が長い時間続くと、
「いつの間にか気がついたらなってしまっていた」と、
気づいた時はすでに遅しといった感じですね。

水虫になる原因としては
●感染のきっかけは、バスマットやスリッパ、
爪切りなどを共有して使っているうちに”アカ”に
触れてなる可能性があります。

ただ触れただけでは水虫にはならないが、
その後に白癬菌が皮膚に定着してしまうから水虫になります。

では、その菌が皮膚に定着するとはどういう事でしょうか。

●菌が傷ついた角質から入り込んで、
そこから定着してしまうようです。

●高温多湿を好んで繁殖するので、
一日中靴を履いていたら足が蒸れた状態になり、
菌が増えて定着してしまいます。

●足指の間を丁寧に洗わなかったり、
足の爪を伸ばしっぱなしで手入れをしていないと、菌が増えます。

足の表面や隙間を綺麗に洗わなくて”アカ”として
溜まっていると菌のエサになり、定着してしまいます。

この様な状態があれば、菌の住み心地がよく、
定着しますので、とにかく足を綺麗に洗って、
乾燥させる事です。

その他には、糖尿病などの病気で
免疫が低下してなることもあります。

水虫の種類としては

●足のゆびの間にできて、
赤くなり痒くてふやけた状態になります。
いわゆるジュクジュクした状態になります。

●足の裏や横の方に、小さな水ぶくれがができて、
強い痒みがある状態です。

●かかとなどに痒みはないけど、ザラザラになり
皮が剥けたりして、悪化するとヒビ割れてしまいます。
保湿クリームでケアをしてみて、
改善されない時は水虫の可能性が大です。

●爪が厚みを増したり、筋が入ったりしてると爪の水虫ですので、
この場合は皮膚科で受診してもらい、飲み薬で治療しましょう。

治療としては、塗り薬が殆どですが、
万が一違う病気だったりするかもしれませんので、
皮膚科で受診して処方箋を貰うほうが効き目もあるし、
正しい処置をする事ができますよ。

皮膚科を受診する時は、市販の薬を塗らずに診て貰わないと、
菌の状態などが分からないので気をつけて下さいね。

また、市販薬を買う場合の注意としては、
一日一回の塗り薬の方が効き目が強いのと、手間が省けます。
何度も塗るタイプはオススメ出来ません。

それから、水虫の種類にあった薬を選ぶようにしましょう。
例えば、ジュクジュクしたタイプの水虫には、
クリーム状の軟膏がいいですし、水泡が潰れてないで、
カサカサタイプは液体の方がオススメです。

かかとのガサガサの場合は、
尿酸配合のクリームタイプがオススメです。

爪の水虫は、皮膚科で処方してもらい飲み薬が有効です。

水虫の感染を防ぐには、共有して使うのは止めましょう。
そして、こまめに掃除をすること、
靴は毎日取り替えるのが望ましいです。

5本指の靴下の方が蒸れないのでオススメです。

足の臭いが気なる人は、外出時には予備の靴下を
用意して履き替えたり、一日中履いていた靴は
除菌や消臭剤などを利用して乾燥させて下さい。
ブーツなどは特に気をつけましょう。。

とにかく”清潔”と”乾燥”が水虫から守る予防法ですので、
日頃から十分気をつけて習慣づけましょう。

人の出入りの多い所の温泉やヨガやジムなどに
行った時は、特に気をつけて下さいね。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

正月太り解消法

noimage

Menu

HOME

TOP