こむら返りが睡眠中に起こり足がつる その原因と対策

ふくらはぎがつる事を「こむら返り」と言います。
つった事のある人はおわかりと思いますが、
しばらく動けませんね。

そんな時どうされてますか?

私は温めてマッサージしたり、
カイロを貼ったりしてます。
温めるとなんとか治ります。
ホッとしてやっと眠る事が出来て嬉しいです。

成人の3割の人が、月に一度は起きているようです。
また、年齢と共に睡眠中に起こる事が
多くなってきているようです。

足がつるのは、大体明け方に70%発生しているようです。
明け方(3時~6時頃)が最も温度が下がります。

体温も明け方(3時~5時頃)が一番冷え込みます。

つまり”足冷え”が問題なのです。
足が冷えると、血流の流れが悪くなり、
ふくらはぎが悲鳴をあげている状態なんですよ。

このこむら返りを予防するためには、
1.ぬるま湯のお風呂に入り、ゆっくりマッサージをします。

2.寝る時は湯たんぽを入れて、
足元を温めるとかなりの効果があります。

3.保温性に優れていて締め付けない
弱めの専用ウォーマーを履くと効果があります。

ウォーマーは、足冷えに簡単にパワフルに効き目があり、
保温が目的なので、締め付けない物を選ぶようにしましょう。

また、夏は冷房で冷えたりするので、
年中使用している人が多いようですよ。

いろいろな使い方がありますが、
効果的な使い方をして血流を良くすれば、
つるのも徐々に治りますよ。

高齢になりますと、血行不良、水分不足、
体内のミネラル不足が原因となってます。

その為には、寝る前に十分水分を摂って下さいね。
そして、枕元にはスポーツドリンクを置いて寝ますと、
応急処置として飲む事が出来ますし、
マッサージやストレッチをします。

また、寝る前にバナナやアーモンドなどの
カリウムを補給すると良いようです。

ビタミンB1やビタミンEが不足すると、
むくみも出たりするので、
むくんでいるかどうかも確認してみてください。
簡単なストレッチも毎日続けるといいそうですよ。

しかし、危険の伴うこむら返りもあるようです。

「閉塞性動脈硬化症」という
病気になって起こる場合があるようです。

これは、脳卒中や心筋梗塞にも繋がる恐い病気だそうです。
「閉塞性動脈硬化症」は、片足がつって歩くと、
ちょっと歩いても痛くなり、休むとまた歩けるようになるようです。

治療としては、「1分歩いて3分休む散歩」です。
1日に10回、一週間に3回行うと、
動脈の近くに新たな血管が出来るそうです。

しかし頻繁に起こるようでしたら、
医師の診断を受けましょう。
診てもらって原因がはっきりすれば安心ですよ。

いずれにしても、足を冷やさないように
ウォーマーを履いたり、湯たんぽを使ったり、
適度なストレッチを毎日続けましょう。
そして、バランスのとれた食事をする事が大切です。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
マグネシウム【ガッテン!】糖尿病と心疾患を予防する栄養素って!?
noimage
noimage
イツラックを飲み続けた評価 | 市販薬との飲み合わせのことも
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP