中学生にスマホを持たせるメリット デメリット | 便利だけど怖い道具 | スマホデビューのルール作り

小学生でもスマホを持つ時代、中学生ともなれば持たざるを得ない状況に。スマホは便利ですが、怖いものでもあります。
今回は、中学生が「スマホデビュー」するときのメリット・デメリットや、ルール作りについて。親が知っておきたい事柄について。【更新日

中学生がスマホを持つメリット・デメリット

スマホはパソコンと同じで、インターネットでいろんな所にアクセス出来ます。

便利な面ばかりが目に付きますが、怖い面も沢山あるという事を教える必要があります。

子どもはなぜスマホを欲しがる?

何か調べものをしたい時、検索すればすぐ回答が見つかるという点や、動画を観たりゲームをしたり。

そして特に大きな理由は、子ども同士が「繋がっていたい」ということです。

その「つながり」は、主に「LINE」や「Twitter」といったSNSを介してやりとりされるのが主流です。

スマホを持たざるを得ない

周りの多くがスマホを持ってなければいいのでしょうけど、なかなか都合良くはいきません。

スマホがないと「コミュニケーション」が円滑にできず、場合によっては「仲間はずれ」になってしまうことも。

今やスマホは子ども達にとって「無くてはならないもの」と考えておいたほうがよいです。

何も知らずに使うと危険

親としては、便利な面より「デメリット」「リスク」について、子どもより先回りして理解して、悪い方向へ行かないように導いてあげましょう。

子どもはまだ社会的な視野が狭く、親・先生・友達といった限られた人間関係の中で生きています。

「いい子」に育てているつもりでも、周りに流されたりして、思わぬ方向へ行ってしまうものです。

スマホを持つメリット

いつでも友達と情報共有できるので、話題の中に入っていけるし、仲間はずれにならずに済みます。

地震や台風など災害時に、SNSを通じて安全の確認や、現場の状況など情報の共有。

ゲームをしたり動画を観る事で、気分転換が出来てストレス解消にもなります。

スマホを持つデメリット

インターネットを利用すると、いろんな情報が豊富で、ついつい検索して見てしまったりして、勉強時間が削られます。

しかし、一番のデメリットは、思わぬ事で被害者になったり、加害者にもなったりする事です。

多額のお金を払うことになったり、警察沙汰になる事もあります。

この様な事にもなりかねないので、必ずルールを決めて、親や大人などの信頼できる人に相談させるようにしましょう。

スマホデビューのルール作り

ルールを作る時は、親が一方的に決めるのではなく、親子で話し合いましょう。

良い面もあるけど怖い面もある事を理解させ、必ず紙に書き出して、本人に自覚させる事が大切です。

内容として例えば・・・

アプリのダウンロード

アプリをダウンロードする時は、親に相談して許可を貰う。中には悪質なアプリや教育的に害のある内容が含まれているものなどがある。

また、ゲームなどは課金しないと意味のない(楽しめない)ものもあります。

課金については、内容を確かめてみないとわからないものもあります。状況によっては、そのアプリを停止させることも必要です。

個人情報の扱い

インターネット上に住所・名前・電話番号・学校名など、個人情報を書き込まないこと。

世界中に情報が回ってしまうリスクがあり、自宅や学校を突き止められ、何らかのトラブルに巻き込まれる危険性があります。

内輪ネタは書き込まない

自分や家族、友達などの写真をアップしたり、悪口などをネットに投稿しない。

誰が見ているかわからない、ということを常に意識しておかないとトラブルの元です。

スマホを使う時間や場所

スマホを使う場合は、時間を決める。リビングだけで使用し、自分の部屋には持ち込ませないことで、時間オーバーしてないかの確認にもなります。

ここは少し難しいかも知れませんが、一方的に押し付けず、よく話し合って妥協点を探るとよいでしょう。

定期的な見直しや現状把握

3~4ヶ月に1度など、ルールを見直したり、困った事がないか、など相談し合う。

他の人(友達など)がどんな使い方をしてるか聞いてみて、メリット・デメリットを探ったりと情報共有するのもよろしいでしょう。

ルールを守れなければ

最初は守っていても、段々と都合の良い理由を付けたりして、いつの間にか崩れている家庭が多いのではないでしょうか。難しいところですね。

ペナルティを課す

もしルールを守らなかったら、必ずペナルティを決めておきます。

厳しいようですが、スマホ代の支払いをストップ(一時休止を申請)するなど、守れなかった場合の話もしっかりしておき、ルールと一緒に紙に書いて、目につきやすい所に貼り出しておきましょう。

アクセス制限を設定

インターネットと繋がっているスマホは、危険なサイトにもアクセスできてしまいます。

安全性を考えて「フィルタリングサービス」を利用して、有害サイトにアクセスできないように「アクセス制限」をかけておきましょう。

ドコモやau、ソフトバンクなどのショップでは、購入時に「フイルタリング設定」についての指導もしてくれますので、面倒でもしっかりお店の人に教えてもらって設定しましょう。

トラブルの被害者にならないことはもちろん、知らずのうちに「加害者」になってしまうこともあり得ます。

情報をそのまま信じない

ネット上にあふれる情報の中には、間違ったものや、人々を混乱させる「デマ」なども含まれています。

情報を簡単に信じて「リツイート」したり、人に伝えたりといった能動的なアクションは、もう少し大人になるまで我慢してもらった方が安心です。

学校では?

先生もいろんな人がいますから、スマホなどネットについて、よく理解してない人もいます。

親が先に学んで、学校で問題にならないように、保護者会など話し合いの場を設けて対応を検討してみるといいですね。

例えば授業中はロッカーに入れて、使わないと決めている学校もあります。

相談窓口

少しでも困った事や解らないこと・迷うことが出てきたら、すぐに親や先生など信頼できる大人に相談するよう伝えましょう。

親や先生には相談しにくいという子もいますので、専門的な相談窓口の存在も教えておきましょう。

中学生にスマホ まとめ

  • まず親がスマホを理解しておく
  • デメリット・危険性を知る
  • 「スマホは怖いもの」と認識させる
  • 強制せず話し合う
  • フィルタリング機能を活用
  • 被害者にも加害者にもなる可能性がある
  • 使用ルールを定める
  • 「気になること」を相談させる
  • 書き込みは大人になってからが望ましい

スマホは便利で、将来は仕事にも活用できますし、社会人としても必需品となるでしょう。

小学生のときは「まだ早い」と言えても、中学にもなると、現実的には持たせない訳にはいかない状況に追い込まれてしまうでしょう。

危険が伴う事をよく理解して、子供のうちから「ネットリテラシー(正しく使いこなすための知識や能力)」をつけさせてあげた方が、将来のためにもいいでしょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

喪中の年越し 正月飾り 嫁の立場 | 実家の親が亡くなった場合は?
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

お年玉の由来

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP