母の日 父の日 | まとめて贈りものするメリットは?喜んでもらえる品と渡す時期

母の日に贈るプレゼントは決まりましたか?毎年の事だし、何を贈ろうか迷いますよね。そして、母の日が済んだら、すぐに父の日です。

別々にプレゼントを考えるよりは、いっそのこと、両方をまとめて贈る【ペアギフト】にすれば、何かとメリットがあるのではと思いましたので共有したいです。【更新日

母の日 父の日まとめて贈るメリットは?

母の日と父の日を一緒にまとめると、贈る方と贈られる方のお互いにメリットがあると思われます。例えば・・・

時間短縮と予算の節減

プレゼントを選んだり、遠くに離れていれば送料も二重になります。

送料無料のを選ぶには、ある程度の金額でないと無料にはなりませんよね。

そこで二人分にすれば送料無料にもなり、手間も省けて気分的に楽ですね。決して手を抜くという事ではなく、もちろん気持ちを込めて選びます。

両親に平等

普段から両方にほぼ同じ金額の物を贈ったりしていますが、正直なところ母の日の方に力が入るのは確かです。多くの人がそのような傾向にあります。

なので、母の日と父の日をまとめた方が、平等に気持ちが入って両親も喜んでくれるのではないでしょうか。

気分的に楽な気がする

母の日と父の日をまとめることで、父の日を忘れないという事と、「おまとめ感覚」になり、予算をそれほど気にせずに済みます。(気分的なことかも知れませんが。)

喜んでもらえる物はペアギフト?

一緒に贈り物するので、出来ればペアの物が良いかなと思います。

日常使いをちょっと贅沢な物で

毎日使う物を少し豪華な物にするだけで、気分アップになると思います。

例えば、毎日使う食器類ならば、夫婦茶碗や湯呑みなど、ブランド物も含めて検討してみては?

食器類はいろいろ持ってて余ってしまいそうなら、服とか帽子などファッションアイテムなど、実用的なものは他にもありますね。

ペア食事券

たまには二人で出掛けて、美味しいお食事はいかがでしょうか。和洋折衷なら色々な料理を楽しめます。

好き嫌いがあっても分け合いながら、楽しくお食事できますよね。ちょっとした贅沢をさせてあげたいものです。

鉢植え 盆栽 ペアセット

例えば鉢植えで実がなるものはいかがでしょう。

育てる楽しさと収穫の楽しさと2倍の喜びになり、お互い仲良く手入れをすれば、次の年にも喜びが繋がります。フルーツだと、かわいくていいですね。

プレゼント いつ渡す?渡し方

プレゼントを渡すには、母の日が先に来ますので、母の日に渡すのがいいでしょう。

手渡す時に、ちゃんと説明すれば、お父さまも理解してくれるはず。

離れた住まいで手渡し出来ない場合は、プレゼントカードに心をこめた手書きメッセージで伝えれば、気分良く受け取ってもらえるでしょう。

両親に「平等感」

母の日と父の日は1ヶ月ほど前後しますが、両方を一緒にまとめれば、考える時間も1回で済むし一石二鳥だと思います。

その趣旨を両親に理解してもらえれば、喜んでもらえると思います。

そのためにも、何か「ペア感」のある贈り物の方が説得力も上がるかも知れませんね。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
100均セリアのハーバリウムオイルで手軽に体験
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
100均 造花ハーバリウム | 作り方と注意点(洗濯のり ベビーオイル) | 母の日プレゼント
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP