妊娠が判ったら赤ちゃんを迎えるための環境作りをしよう!

妊娠が判ったら、体への気遣いや食べてはいけない食品、
してはいけない行動、
また、家族が増える事の家庭の生活状態など
いろんな事に気をつけなければなりません。

その中で、母体に良い食生活をすることは大切です。
やはり和食中心で、塩分、糖分、添加物、
カロリーの摂り過ぎなどは、赤ちゃんの成長にも影響が出てきます。

野菜を中心にバランスの良い、
刺激の少ない食品を食べるようにしましょう。

気をつける事を上げてみました。

1.タバコやアルコールは悪い影響を与えます。

妊娠中の喫煙は、赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼします。
例えば、低身長児、低体重児、
先天的異常(心臓疾患、口蓋裂、斜視)、突然死症候群、
キレる子供になりやすいなど、まだまだあります。

本当にすぐ止めましょうね。

自分が吸わなくても周りで吸っていたら、
ニコチンを吸い込んでしまいますよ。(副流煙・受動喫煙)

それから、アルコールはそのまま赤ちゃんに届きますので、
発達障害など起こしますので気をつけましょう。

2.母乳で育てる為の準備をします。

妊娠中からおっぱいの手入れをしておかないと、
母乳の出が悪くなります。
おっぱいマサージは、いろいろやり方がありますので、
主治医や保健婦さんに指導してもらいましょう。

3.産後の体型戻しの準備ををしておきます。

産後はお腹の皮膚が伸びてしまい、
骨盤も開いて体型が変わってしまいます。
体型補正するベルトなどを早めから用意した方がいいです。

産後はなかなか買いに行けませんし、
産後すぐに助産師に指導して貰えるようにしておけば
直ぐに対応出来ますので。

4.赤ちゃんを迎える部屋などを整えます。

部屋の間取りを考えながら、ベビーベッドの設置場所や
育児用品を収納する場所の確保を考えておきましょう。

5.育児用品を準備します。

産後に必要なもので、レンタルにするか、購入するか
検討しておく必要があります。
赤ちゃんの服も最小限にしておく方が無駄にならずに済みます。

意外と忘れるのが授乳クッションや抱っこ紐などです。
チャイルドシートは、病院からの退院時に
車で移動する場合は必要となりますので早めに準備が必要です。

6.家計の支出具合も検討しておきます。

家族構成が変わるので、保険など学資保険なども調べておきます。
また、お祝い行事など思わぬ出費がありますので、
早めに考えておきましょう。

7.名前は重要です。早い内に候補を考えておきましょう。

出生届は、生まれた日を入れて14日以内に提出ですので、
生まれたらすぐ手続き出来るようにしておきましょう。

8.出産関連に必要な書類など確認しておきます。

働いているようでしたら、出生育児金や出産手当金など
支給されるか調べておかないと、申請方法はややこしいので、
確認しておいた方がオススメです。

9.赤ちゃんの取り扱い方を研究しておきます。

育児雑誌などで、オムツ替え、沐浴手順、爪切りなど
チェックしておきましょう。
直ぐに対処出来るようにイメージしておきましょう。
色々勉強する事や気をつける事が沢山あります。
体調を整えながら、直ぐに実施出来るように
イメージしておく事が必要です。

夢をふくらませながら、
赤ちゃんに話しかけてみてはいかがでしょうか。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
なちゅらだま 購入レビュー | 逆流性食道炎 胸焼け 胃酸が上がってくる感じの悩みに沖縄野菜の健康食品
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP