妊娠中で肌荒れがひどくなった むくみもある その対策とは

妊娠中はいろんなトラブルが起きますが、その中でも肌の悩みが一番大きいかも知れませんね。

「つわり」なども、全く無い人と、ひどくて何も食べれず、ムカつきがひどくて苦しむ人も多いと思います。

私も、産まれるまで つわりがひどくて、子供は未熟児でした。

体力がない子なので、幼少期はよく病気をしましたが、
高学年になってからは、元気に過ごしました。

妊娠期に入ってから、色んな変化が現れます。

妊娠と同時に気になって来るのは、
妊娠線ではないでしょうか。

大体の妊婦さんの半数近くの人に現れるようです。
丁度安定期に入る5ヶ月頃からお腹も大きくなって来るので、
妊娠線が目立つようになります。

原因は2つあります。

一つは、皮膚の急激な伸びです。
体重も増加し、ヒップやバスト、お腹も大きくなります。

皮膚の表面は一緒に伸びますが、
皮膚の下にある真皮や弾性線維が伸びにくく、
断裂が起こり赤紫色の線状班が出てきます。

急に伸びるので、
真皮内のコラーゲンが切れて起こります。

もう一つは、
ステロイドホルモンの影響だそうです。

この時期は、ホルモン分泌が増えて、
肌の弾力がなくなってきます。

通常は新陳代謝を通して、日々生まれ変わっていますが、
ホルモンが活性化して、コラーゲンの生成も抑えられてしまい、
次第に弾力がなくなり肌そのものが弱くなってしまいます。

その為、妊娠中は
皮膚の断裂が起りやすくなってしまいます。

手入れのポイントは、
体重のコントロールが必要です。

あまり急に体重を増やすと、
真皮の伸びが追いつかないので、
体重指導を医師にして頂きましょう。

それが予防に繋がります。
そして、肌の保湿ケアが重要です。

専用のクリーム、オイル、美容液などで保湿し、
潤いとハリを保つ状態をキープする事です。

そして、臨月に入っても忘れずケアしましょう。
お腹の下の方も忘れないで下さい。

また妊娠中は、敏感肌になり、色んなトラブルが起きます。

多い物としては、乾燥、ニキビ、
シミ、湿疹などに悩まされます。

新陳代謝が活発なので、顔もボディも汗をかき、
皮脂汚れがあるので清潔にする事です。

そして、体型も変わってくるので、
締めすぎず、刺激の少ない下着を身につけましょう。

また、質の良い母乳を出すためには、母乳の「素」は血液です。
その為には、栄養のバランスが必要です。

特に「鉄分」を含むレバーや卵、
「葉酸」を含むニンニクや緑黄色野菜など、
そして、「ビタミンB1」「ビタミンE」。
その中でもニンニクは非常に栄養価も高くオススメです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
手作り昆布ローション(化粧水)作り方 | 乾燥肌しっとり!日焼け シミ シワ くすみ対策
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP