立ち仕事で足裏が痛くて重だる~い その原因と対策とは

一日中立ち仕事をしていると、
帰る頃には足はパンパンで、
重くてだるく感じた事はありませんか?

それは、姿勢が悪いのではないでしょうか。
あちこちにあるツボを押さえて対策してみましょう。

自分の体の重心が”丹田”といって、
おへそから5cm程下がった辺りですが、
そこに力を集める様にして立っていると、
他の場所の力が抜けて長時間立っていても楽になりますよ。

この”丹田”を意識すると、
全身のリキミがなくなり、
体が緊張せずにリラックス出来て疲れにくくなりますよ。

”涌泉(ゆうせん)”というツボがありまして、
冷え性やむくみ、不眠、生理痛などの症状を和らげるツボです。

足裏にじゃんけんのグーをした時に出来る”くぼみ”の所を、
親指で強めに押して指圧をします。

あるいはゴルフボールで足裏をゴロゴロしますと、
ツボが押さえられて楽になりますよ。

”承筋(しょうきん)というツボで、
血流を促進したり、疲労物質や水分を流したりしてくれるツボで,
むくみに効果があるようです。

膝の裏側のシワから10cm位下の方になります。
そこを軽く気持ちがいいぐらいの力で指圧してみて下さい。

血流がよくなり、むくみもなくなってきますよ。

血流を良くするには、
睡眠中に足枕を利用してみたらいかがでしょうか。

心臓より足を高くする事で、
リンパの流れもよくなりますので、
是非してみて下さい。意外と効果ありますよ。

足枕の高さは15~20cm程の高さが目安です。

また、むくみや疲れを取る方法としては、

1.お風呂に入って体を温め、血行を良くしましょう。
入浴する事で血管が広がって、血流が良くなり、
老廃物も除去したり筋肉や関節もほぐれて、
楽になり効果がありますよ。

2.定期的に屈伸運動をしましょう。
足を動かして軽くストレッチをしたら楽になりますよ。

3.普段からウォーキングをしていると、
筋肉が付いて徐々に立っていても疲れにくくなりますよ。

しかし、疲れと思っていたら、
病気が潜んでいる場合もあります。

●偏平足(へんぺいそく)とは、
土踏まずのアーチがなくなってきてる場合です。
歩き方などに気をつけて、アーチが出来るように
手作りの敷物を作ったり、買ったりして
アーチの所に入れてケアしましょう。

●外反母趾(がいはんぼし)は、足の親指が変形して
横の指の上に乗ったりして、歩くだけでも痛くなります。
これもアーチがなくなるとなってしまいますので、
足底アーチで土踏まずの所を鍛えましょう。

●足底筋膜炎(そくていきんまくえん)は、
かかとや踵の骨から足の付け根まで痛くて、
炎症を起こしている状態です。
ひどくなると歩けなくなります。
普段からストレッチや食生活や生活習慣に気をつけましょう。

●痛風(つうふう)は、美味しいものばかり食べていると、
足の親指が風が吹いても痛いと言われる位痛くなって、
歩くのも大変になります。
必ず病院に行って医師の指示に従って下さい。

●モートン病は、神経が圧迫されて
足裏に痛みやしびれが出てきます。
足指の付け根が痛くて、高いヒールを履いたりして
足裏に負担がかかってなります。
走ったりする人も体重の掛り方でなるそうです。

走り方のフォームを変えたり、
履きやすい靴に変えたりして改善しましょう。

●糖尿病から脚が腫れてきて、皮膚が変色したり、
体のバランスが取れなくなります。
もし糖尿病でしたら早めに医師の診断を受けて
治療をして下さい。しっかり治療をしないと
足を切断すことにもなりかねません。

●魚の目は、皮膚の表面が硬くなって、
真ん中に芯のようなものが出来ます。
そこを触ると痛くて歩くにも支障をきたします。

放置しておくと、完治に時間が掛かってしまうので、
早めに手当をしましょう。
保護パットを使って優しく守りましょう。

お風呂あがりには
かなり柔らかくなりますので、手当がし易いですよ。

●水虫は、足の指の間が赤くなったり、
ジュクジュクして皮が剥けたり、痒みも伴います。
土踏まずの辺りにも水ぶくれがでます。
いつも清潔にして乾燥させて下さい。

●閉塞性動脈硬化症
(へいそくせいどうみやくこうかしょう)
いつも通りに歩いていたら、
急にふくらはぎなど痛くなり歩けなくなります。
しかし暫くするとまた歩けるようになるが、
また痛くなり歩けなくなります。

痛くなったり、治ったりするので、
一時的なものと思われがちですが、
脚の血管に現れる動脈硬化の疑いがあります。

この症状を予防改善するためには、適度な運動をする。
ウォーキングを30分~1時間位がいいようです。

それに野菜や海草類、きのこ類を食べて
栄養のバランスを取るようにしましょう。
また、医師の指示に従って、
薬を服用して治療する事も必要だと思われます。

一口に脚が痛いと言っても、疲れているだけだったり、
この様な病気が隠れていたりする場合がありますので、
早めに治療改善して疲れない足にしましょう。
いずれにしてもケアが大切です。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
手作り昆布ローション(化粧水)作り方 | 乾燥肌しっとり!日焼け シミ シワ くすみ対策
noimage
【体験談】中高年男性の 尿漏れと頻尿を 改善する食材とツボ
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP