御柱祭りの木落しは7年に1度の迫力満点! 男の度胸と技が光る 長野・諏訪大社

長野県の諏訪神社(諏訪大社)では、
7年に1度の申年に当る今年(2016)、
あの迫力ある「木落し」があります。

あの35度の坂を駆け落ちる様子は、
他の所では見る事は出来ません。

テレビで見てたらあの迫力を直接味わってみたいな~と思い、
友達と行こうと思ってます。

この御柱祭りは1200年の歴史があり、
龍神様を祀ってあり、五穀豊穣の守護神だそうです。

諏訪神社を中心に四つあるお宮は、
それぞれの宝殿を七年ごとに寅年と申年に造り変えて、
境内に柱を立てるそうです。

その柱を山から曳き出し、
木落としの神事があります。

それが「御柱祭り(おんばしらまつり)」で、
正式名は「式年造営御柱大祭」と言うそうです。

この御柱祭りは、7年ごとの寅年、申年に行われますが、
桓武天皇の時代に「寅、申の干支に当社造営あり」と
記録されていたそうです。

そして、草木が芽を吹き、作物が熟成するので、
縁起がいいと言うことから、この時期にされたようです。

諏訪大社には、上社前宮、本宮、下社春宮、秋宮の
計4つの御宮にそれぞれ4本ずつ、合計16本の御柱があります。

また、ゆかりの神社が各地区にあり、
そこに「小宮祭り」があって、御柱があるそうですよ。

大小合わせると、沢山の御柱がありそうですね。
小宮祭りは、1年遅れにあるようです。

御柱祭りは、上社御柱と下社御柱とに分かれていて、
木落としの日や木の形が違うようです。
木はどちらも「もみの木」が使われます。

「上社」は、柱の前後に「めどでこ」というV字型の物が付いていて、
木落としは4月3日、4月4日の2日間です。

曳き綱は、向かって右側が男綱(おづな)、
左側が女綱(めづな)と呼ばれるそうです。

「下社」は、「めどでこ」がありません。
木落としは4月8日、4月9日、4月10日の3日間あります。
曳き綱は、向かって右側が女綱(めづな)、
左側が男綱(おづな)と反対になるそうです。

 

チケットの販売ですが、申し込みはインターネットか、往復はがきだけで、
上社の場合、他県の人は宿泊プランとセットで販売されるそうです。
チケットのみの販売はありません。

下社は、長野県民はハガキで申し込み、
他県はインターネットでの申し込みになるそうです。

その後、抽選になってるようです。
今年は2月18日が抽選日になってます。

前回は、当日券や無料券があったそうですが、
今回はどちらもないそうです。

御柱に使われた古い御柱の使い道はあるのでしょうか?
どうされるのかなと気になりませんか?

実は、友好都市に寄贈したり、
地元の観光協会や駅などにおいて、
観光スポットとして使用されているそうです。

また、諏訪大社のお守りとか、
お箸などにも利用されてるようです。

木落しは、35度の坂を一気に掛け下りる様子は、
大木そのものの、むき出しの迫力です。

御柱が姿を見せると、一斉にどよめきと歓声があがります。
この男気のある大迫力の御柱祭りを是非観覧に行きましょう。
一生の思い出になりますよ。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
七夕で子どもが喜ぶ そうめん!食べる理由と5色の短冊や笹飾りの意味は?
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
稲毛海浜公園プール | 赤ちゃん オムツの子は水遊びできる?

Menu

HOME

TOP