京都の桜 | 一番早く咲く珍しい品種や穴場的な隠れ名所 | 秋から春まで不断桜

  • シーズン前から咲き続ける珍しい品種
  • 変わった色の花びらは「知る人ぞ知る」
  • 観光客に知れ渡っていない場所
【更新日

早くから咲く京都の桜

京都の桜シーズンは大変な混雑です。少しでも時期をずらして、ゆっくり楽しむには、まだ肌寒い「早咲き」の頃が良さそうです。

まだ梅も楽しめるタイミングです。今回は早咲きの桜品種を観賞できるスポットをチェック!

秋から春まで「不断桜」

不断桜(ふだんざくら)は、10月頃から4月頃まで咲き続ける桜です。

不断桜としてよく知られているのは、三重県鈴鹿市にある「白子不断桜」。国指定の天然記念物です。

秋から咲くので、「一番早く咲く」ということになります。京都で「不断桜」を。

大原・実光院の不断桜

庭園「旧理覚院」の中央に植えられた不断桜。こちらも初秋~翌年の春にかけて咲く珍しい品種。

紅葉シーズン真っ只中の頃、「桜と紅葉のコラボ」が楽しめます!

4月の通常の桜シーズンには、八重桜や彼岸桜も加わり、「不断桜との共演」も見応えあり!

三千院の北側にある静かな寺院

実光院は、大原では有名な「三千院」の北側にある天台宗の寺院。「勝林院(しょうりんいん)」という寺院の子院として建てられました。

MAP 実光院の地図 ルート 周辺

西陣・妙蓮寺の御会式桜

広い境内に季節ごと色々な花が咲く【花の寺】として知られている「妙蓮寺」(日蓮宗)。

本堂の前にある「御会式桜(おえしきさくら)」も、「不断桜」同様に秋から春に咲いています。

御会式とは?

「御会式」とは、日蓮宗の宗祖「日蓮上人」の命日である、10月13日を中心に行われる法要のことです。

日蓮上人が入滅された10月13日前後から咲き始め、翌年の4月8日、お釈迦さま御生誕のころ満開になるという珍しい桜。

冬の間も咲いてはいますが、本格的な盛りは3月中旬から4月の初旬になります。

こちらの桜も「紅葉とのコラボ」を楽しめます。

妙蓮寺の椿

余談ですが、妙蓮寺では椿も11月から翌3月まで咲きますので、あわせて観賞できます。

つづく・・・

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
京都鴨川 床ランチ | 3,000円以下で体験 | 納涼床を安い予算で先斗町や木屋町の店
noimage
noimage
noimage
嵐山 紅葉の穴場は渡月橋の対岸に!? 観光客少なめ 知る人ぞ知る「十三まいり」の寺
いちひめ神社 ひな祭り | 人雛 ひいな遊び 京都の女人守護の神社は体験型で楽しめる
noimage
嵐山 千光寺の犬 すみれ | NHKモフモフで禅ワンコと紹介「クッタリ」したカワイさに癒やされる!
noimage
祇園祭 | お稚児さんの条件・役割・しきたり・注連縄切りの意味
noimage

Menu

HOME

TOP