桜のアーチと光に照らされた舟からの花見 桜花仰ぎ見る

京都の桜は見どころが沢山あります。
その中でも平安神宮や、哲学の道などは、
いろんな顔をした桜を鑑賞できます。

地下鉄東西線の蹴上駅から銀閣寺前辺りを、
順次巡りながらそぞろ歩きしてみましょう。

まずは、蹴上インクラインは、
全長600mにも及ぶ一直線上に約90本の桜が連なり、
廃線を歩きながらレトロな雰囲気が歴史を感じられますね。
のんびり散策出来ますよ。

インクラインとは、
ケーブルカーの原理を応用した傾斜鉄道で、
京都の発展に貢献されたそうです。

岡崎の疎水辺りは、
明治時代に京都の水路として造られた琵琶湖疎水です。

約400本の桜が並び、十石舟めぐりや、
桜のライトアップも実施されるようで、
川面にライトで照らされた桜が、とても幻想的で、
舟でラクラク桜鑑賞が出来て、
楽しいひとときを過ごせてオススメです。

周辺の施設でも、いろいろな催事もあるようなので、
覗いて見るのもいいですね~。

美術館では、海外展もあるようですし、
国際交流会館では、グルメ企画もあるようです。

十石舟めぐりは、3月30日~5月6日。
9時30分~16時30分
繁忙期は8時45分~17時30分
夜間は、3月30日~4月21日。
大人1000円 子供500円 3歳以上300円です。

楽しい事がいっぱいですよ!

次は平安神宮ですね~。
大きな朱塗りの鳥居は圧巻です。

高さ24mにも及ぶ「大鳥居」は、
見るだけでもパワーをいただけるし、
桜をモチーフにした
「幸せの桜守」というお守りも販売されてます。

神苑に咲く「八重紅枝垂桜」がとても綺麗で素晴らしいです。
これは見逃すわけにはいきません。見たらきっと納得いくと思います。

八重なので、2週間ぐらいは見頃が続きオススメです。
ライトアップも幻想的でおすすめです。

また、コンサートや観桜茶会も有料ですがありますよ。
平安神宮ならでの楽しみがありますので、これもオススメですよ。

金戒光明寺は約100本の桜があり、ここも見応えがありますよ。
このエリアでは、「くろ谷さん」と呼ばれていて親しまれています。

大河ドラマの主人公の新島八重や、会津藩ゆかりのお寺です。
また、新選組誕生の地としても知られています。

新選組は若い女性にも人気がありますね。
興味のある方は、訪ねて見て下さい。
また新たな発見があると思いますよ。

哲学の道は、若王寺橋から銀閣寺橋まで、
約2kmに渡る疎水沿いの桜は、名所です。

川のせせらぎを聞きながら、
お洒落なカフェや、雑貨店などが軒を連ねてまして、
なんだかモダンで華やかさががありますよ。

お買い物も兼ねて、スイーツでもいかがでしょうか?

変わったというか、珍しいお寿司 「おあげ寿司」 などもあります。
ひと休みしながら、京都の桜を楽しんでみてはいかがでしょう。

ピンク色に染まった桜のトンネルを
ゆっくり時間をかけながら歩いてみましょう。
楽しい発見があるはずです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
デジカメ選び | イルミ・夜景がキレイに撮れる 画質が良くて安い おすすめロングセラーのコンデジならコレ!
京都で乃木坂ファンがヒット祈願!【伏見の乃木神社】車折神社の芸能神社
noimage
noimage
嵐山 紅葉の穴場は渡月橋の対岸に!? 観光客少なめ 知る人ぞ知る「十三まいり」の寺
noimage

Menu

HOME

TOP