山菜は春のプレゼント 美味しい調理方法と効用は

春はいろんな野草が芽を吹き、
気分も”るんるん”になりますね。

我が家では、山椒の木の芽が出てきて、
一番の楽しみは、山椒味噌を作る事です。

タケノコや焼き豆腐などに添えて食べると、
”あー春がきたよ~”と毎年楽しみにしております。

香りも良く、本当に美味しいですよ。

作り方も簡単です。

木の芽の葉をすり鉢ですり、
そこに白味噌とみりんを入れて、
一緒に混ぜて出来上がりです。

好みによって、砂糖を少々入れます。

私はこの、木の芽和えを作る為に山椒の木を植えてます。

山菜はほのかな苦味や渋味があり、
その苦味が春の訪れを感じさせてくれ、
日本の食の豊かさが実感出来るひとときと思われます。

種類によって少し差はありますが、
山菜の栄養成分は、ビタミン類、ミネラル、
食物繊維などが多いのが特徴です。

糖質が少なく低カローリーなので、
美容やダイエット効果があります。

また、強い抗酸化作用を持つ
「ポリフェノール類」が多いのも特徴ですね。

なので、生活習慣病や老化の進行を遅らせる作用があり、
苦味は胃酸のはたらきを促進する効果もあるようです。

春の山菜は、冬の間に溜まった体に悪い物を排出したり、
これから日差しが強くなってくる紫外線の対策にも役立つようですよ。
色々な効果があるんですね。

山菜の王様である、タラの芽やふき(蕗)、
フキノトウについて考えて見たいと思います。

タラの芽は一番人気ですね。
カリウムやカルシウム、
ビタミンB,E,Kなどが多く含まれています。

独特の苦味成分は「エラトサイト」と呼ばれるもので、
糖の吸収を抑制する働きがありますので、
糖尿病や肥満予防に効果がありますよ。

タラの芽の「アク抜き」は、塩をまぶして水洗いをします。
料理としては、衣をつけて天ぷらが一番美味しいですよ。

ふきは、水分が多いですが、ビタミン類や食物繊維、
ミネラル類を含んでいて、特にカリウムは余分な塩分を排出するので、
血圧を下げる効果があります。

ふきに含まれるポリフェノールの一種、
クロロゲン酸は抗酸化作用もあります。

漢方にも昔から使われていて、咳止めや胃の働きを促進したり、
血液を綺麗にしたり、毒消しなどに利用されてます。

アク抜きは、塩で板ずりして、熱湯で茹でて水に晒します。
料理としては、煮物にしたり、炒めてきんぴらも美味しいですよ。

ふきのとうは、ふきの蕾で、
ふきよりもカロテンやビタミンCを多く含んでいます。
抗アレルギー作用があるので、花粉症への効果が期待されます。

アクは抜きは、水に2時間程浸すか、お湯でさあっと茹でます。
料理は、やはり、衣をつけて天ぷらにします。

ほんのり苦味がありますよ。
セリは、春の七草として利用されてます。
カロテン、カルシウム、カリウム、鉄分が豊富です。

特有の香りは保湿効果や発汗作用があるようです。
あの香りが何とも言えない美味しさですね。

アク抜きは、塩水でさあっと茹でます。
料理としては、鍋にタップリ入れて根っこも美味しいですよ。

それから胡麻和えも美味しいです。

この時期しか味わえないし、いろんな効用もありますので、
天ぷらにしたり、お煮しめにしたり、
炊き込み御飯にしたりと、
まだまだレシピもありますので、十分楽しんで下さいね。

お友達と味自慢したら話に花が咲きますよ。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
簡単でカビない減塩梅干しの作り方 体験談 調味料で まろやかに
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
メゾンカイザー 大阪限定【パン大阪】味わい深い小麦とずっしり感 | イートインできるパンカフェ
noimage
noimage
おいしい市販のスポンジケーキ おすすめ | スーパーで買える安いスポンジ台 | 食べ比べて思いついた「シャトレーゼのシフォン」のことも
noimage
noimage
noimage
ホットケーキミックスでヘルシー!もっちりパウンドケーキにする裏ワザ

Menu

HOME

TOP