ひな祭り ケーキ型ちらし寿司作り | かわいい花と蝶を蒲鉾の飾り切りで

女の子が健康で無事に育つようにと、願いを込める「ひな祭り」。

雛人形を飾って、家族で、また、お友達を呼んでお祝いをする時、ケーキや「ちらし寿司」を作ったりするのも楽しみの一つ。

今回はケーキ型のちらし寿司に、「かまぼこ」で飾り切りをして、少しでも豪華さを演出できるようにと作ってみました。【更新日

ひな祭り ケーキ型ちらしの作り方

普段のちらし寿司は、色んな具材を刻んで混ぜ合わせて、上に海老などを飾ったりしますよね。

「ケーキ型ちらし」は、ケーキを作る時の丸い型に酢めしを詰めて型を抜き、その上に色んな具材をトッピングしていきます。具材は好きな物でいいですよ。

子供と一緒にいろいろトッピングしてみて下さい。そして、そこに蒲鉾の飾りきりでお花や蝶々など、春らしい物を作ってみましょう。

ちらし寿司の具材

蒲鉾の飾り切り

蒲鉾はお正月など、「ハレの日」に欠かすことの出来ない祝い物です。特に紅白の蒲鉾は、縁起がよくおめでたい時に使います。

赤はめでたさと慶びを表し、白は神聖を表し、紅白を一対にして飾ります。

ひな祭りなので、春らしく可愛い感じの飾り切りのお花と、そこに戯れる蝶々にしてみました。

ケーキ型ちらし寿司

蒲鉾の飾り切りでお花と蝶々

材料

  • かまぼこ2本
  • ちくわ4本
  • チーズorウインナーなど(花の芯につかう)

お花の作り方

  • 1、ちくわを3等分にして、上になる方に5mm位の切込みを5箇所入れます。
  • 2、赤のかまぼこを2~3mm位の厚さに切ります。
  • 3、ひと切れをくるりと巻いて花びらにして、ちくわの切り込みを入れた方に差し込みます。
  • 4、芯になる所に、チーズかウインナーといった、お手持ちの具材を使って、入れてみましょう。
  • かまぼこが分厚いと、ちくわの中に入りませんので気をつけましょう。

蝶々の作り方

  • 1、蒲鉾を6~7mmの幅に切ります。大きさは一枚そのまま使うか、半分にして使うかですが、蝶々を大小作ると良いかも。
  • 2、1枚の蒲鉾を縦半分に切り込みを入れます。2~3mm残して切り落とさないようにします。
  • 3、向きを変えて、カーブしている側を1cm位切り、斜めに切り落とします。
  • 4、開いたら蝶々の完成です。他の切り方もあります。これは一番簡単なものです。

飾り切り蝶々

女の子のハレの日

蒲鉾はお正月のおせちには欠かせない縁起物ですが、お雛様も女の子のハレの日です。そこに飾り切りをして飾れば、豪華なお料理になりますよ。

今回は、春も間近なので、華やかにお花と蝶々を飾って見ました。飾り切りも色んな方法がありますので、挑戦してみて下さいね。楽しい思い出に残るお雛様にしましょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
無糖しそジュース | 砂糖なしで おいしい!作り方と効果・効能をチェック!
noimage
noimage
はったい粉 レシピ | 40分で発酵!! 糖質制限パンの作り方 | グルテンフリー 香煎
noimage
noimage
noimage
noimage
つきたて餅の伸びを実現!市販の餅を美味しくするレシピ
noimage
noimage
市販のスポンジケーキがしっとり!美味しくする方法「パサパサでマズい!」を解決するアレンジ
簡単でカビない減塩梅干しの作り方 体験談 調味料で まろやかに

Menu

HOME

TOP