厄除け ぜんざい | 節分に厄払い 厄年にNGなことや厄よけアイテムなど

「厄除けぜんざい」なぜ配る? お返しは? ぜんざい配れない場合は? 厄年期間「してはいけないことって?」 身につけたい厄除けラッキーアイテム! お寺で「招福ぜんざい」はいかが?
【更新日

厄除けぜんざい あんこの和菓子

厄年に当たる時期は、何か悪いことが起きやすい、起きるのでは? ということで、心配になってしまいます。

そこで、親しい友人や知人、ご近所さんに、「ぜんざい」や「あんこの入ったお菓子」を配り、少しでも厄が軽くなるようにと、周りに助けてもらう風習です。

厄除けぜんざい

小豆(赤い色)は、厄除けや邪気を祓うと信じられていて、小豆を使った物を配り、それを食べてもらうことで「厄除け」や「邪気払い」になるということです。

ぜんざいや餡入りお菓子を配った相手方に、厄年が回って来た時には「人助け」と思って協力してあげましょう。「お互いさまの精神」です。

厄除けぜんざい、お菓子などは、食べてあげることで相手(厄年に当たる人)のためになることですから、もちろん「お返し」に何か贈ったりする必要はありません。

ご自身に厄が回って来るときには、同じように「ぜんざい」や小豆のお菓子などを配って、厄を軽くしてもらいましょう。


ぜんざい配る代わりに

地域によっては、「ぜんざい」の代わりに「まんじゅう」だったり、「あんこ餅」だったりと違いがあります。

「ぜんざいパーティー」したり、作って配るのは、ちょっと大変な面もありますから、代わりにお手軽なものを配るということでもいいでしょう。

いずれにしても、和菓子など小豆を使った食べものがいいでしょう。

厄除け饅頭

「厄除」と刻印された「厄除まんじゅう」も売られています。「祈願厄除」の熨斗(のし)付き。

「おみやげ」のような感覚で、気軽に配れるのがいいですね。職場など、大勢に配れば効果的かも。

もともとは厄年の人が、自分の厄を「食べてもらう」ために、厄除け饅頭を配るのが基本ですが、「縁起もの」として、自分で食べるというパターンもあるようです。

甘いの苦手なら

ぜんざい、和菓子と甘いものは苦手だったり、健康面から甘いものは控えたい場合は「赤飯」や「小豆粥」でもいいです。

小豆のおかゆ(小豆粥)

甘いのがNGなら「おかゆ」はどうでしょう?小豆を入れた「小豆がゆ」。

お粥には健康面でのメリットがあり、私の冬の定番メニューでよく食べてます。体が温まりますよ。

特に、お餅を入れて「あずき餅おかゆ」にするのが好きで、お餅がやわらかーくなって、ほっこり。

小豆粥

土鍋でコトコト弱火で30分程度炊いてます。


無病息災祈願の小豆粥

古来からの習わしで、小正月(1/15)に小豆がゆを食べると一年の邪気を祓うとされてます。

小正月ではなくても、小豆がゆを食べること自体に縁起の良さがありますね。(冬至に食べる風習もあり)

小豆粥にはお餅を入れることが多いのですが、この時のお餅を「粥柱(かゆばしら)」と呼びます。

箸でお餅を持ったときに、伸びるお餅が「柱」みたいに見えるから、らしいです。

桜粥(さくらがゆ)

お粥に小豆を入れると桜色になることから「桜粥」と呼ばれることもあります。

小豆を入れることは、「赤飯」と同じように、ハレの日にいただく「特別な食べもの」という位置づけでもあります。

お粥と小豆の相乗効果

お正月の食べ過ぎを癒やす意味でも「七草がゆ」をいただくことは知られています。お粥は消化が早く、腸に負担の少ない体に優しい食べもの。

ただし、よく噛んで食べないと、逆に消化に悪くなります。「お茶漬けサラサラ」みたいな食べ方はNGです。

お粥を食べると体が温まり、風邪をひいた時には定番メニューです。

水分が多いので、食べながら「じんわり」水分補給できます。夏に頻繁に水を飲むのと違い、寒い冬に適した水分補給法です。

おかゆの水分が腸をキレイに

水を飲んで水分補給した場合、水分の多くは小腸で吸収されます。

水分たっぷりのお粥なら、水分が大腸まで届きます。

大腸に水分を多めに送り込めるので、大腸の掃除にもなり、腸内環境を整えるメリットがあります。

古来より小豆は「魔除け」として、現代では「健康効果」に注目されてます。様々な健康的なメリットがありますが、一例として以下の記事も参考になればと思います。
関連記事 煮小豆 むくみ解消 腸内デトックス

厄年にしてはいけない事など

厄年の時は、いろんな事に気を付けて静かに暮らし、新しいことを始めるのは控えたほうが良いとされています。

例えば「家を新築する」 「引っ越しする」 「転職する」 「結婚する」などです。

生活のリズムが大きく変わる事で、身体の不調をきたしたりするからということです。

私の周りでも、新築した途端に転勤になったり、結婚も、揉め事ばかり続いて破談になった人もいました。

いろんな面で「曲がり角」ですので、出来ればこの時期は、じっと耐えて様子を見たほうがいいかも知れません。

しかし、そうは言っても結婚など、せっかくのチャンスを逃すことにもなりかねません。

そういう時は、寺社で厄除けしてもらって御守をいただくなどすればよろしいでしょう。

そして、謙虚に過ごすことを忘れないようにして、厄が明けたら、忘れず「お礼参り」しましょう。

厄除け祈願にも 十二支別の護符

厄よけ厄祓いラッキーアイテム

厄除けには「長い物」とか「七色の物」で、常に身に付ける物が良いとされています。

長いものには、「長寿」の意味が込められています。

七色の意味・由来は、「仏教の古い経典」からとか、「七福神」など諸説あります。

男性なら、ネクタイ、ベルト、マフラーなど。
女性なら、ネックレス、ブレスレットなど。

「長くて七色のもの」が強力そうですね。

参考 厄除け<七色> [楽天]

寺社でも「ぜんざい」(壬生寺)

「厄除け ぜんざい」やお菓子を配り合える人が周りにいないとか、そのような面倒なことは今のご時世、あまり気が進まない、という場合もあるでしょう。

そういう時には、神社やお寺の「節分会」に出かけてみてもいいでしょう。

例えば京都の【壬生寺】では節分祭(節分厄除大法会)に、「招福ぜんざい無料接待」があります。

2021年 コロナのため招福ぜんざい無料接待は中止です

ちなみに壬生寺(みぶでら)は【新撰組】ゆかりの寺としてや【壬生狂言】で有名です。

Check! 2月4日の朝10時から【先着1000人】
(日程は節分の日付けにより前後します。下記「壬生寺 今月の案内」をチェックしてください。)

本堂前のお供え物だった鏡餅の一部が「ぜんざい」にされ、参詣者に振舞われます。

「ぜんざい」は、幼少の頃に壬生寺でも修行経験のある「一休禅師(一休さん)」が名づけたといわれます。

お地蔵さまにお供えした餅を「力餅」としていただき、一年間の無病息災を祈願します。

かなりの人気ですので、1時間前には並んで待つぐらいの覚悟が必要です。防寒対策を万全に。
期間中、周辺道路は交通規制されて、車の進入はできません。

苦労して行き、ゲットするからこそ価値(勝ち)があるというものでしょう。

阪急京都線・大宮駅 / 嵐電・四条大宮駅 徒歩10分。

MAP 【壬生寺】アクセス情報
サイト 壬生寺 今月の案内
Twitter 壬生寺(@mibu323)さん

あなたのお住まいの地域でも「招福ぜんざい」を振る舞ってくれる寺社があるかも知れませんね。

節分会で福豆など

京都の寺社で行われる節分会(節分祭)についても書かせていただきました。

関連 京都の個性的な節分祭

飛躍の「躍」で「躍年」

現代社会においては、離婚や経済面でのトラブルなど、人生の節目に、困難や災難が露骨に出やすい年頃とされる厄年。

昔は医学が発達してなかったので、42歳で亡くなる男性が多かったようです。

また、42(死に)として語呂も悪いと伝えられている風習でもあり、女性は、33(散散)な目に合うとかの意味もあるようです。

女性は、この年齢に大病したり、離婚や、縁談が破談になったり、精神不安定になったりするとされます。

しかし「やく年」の「やく」は「飛躍」の「躍」だから、怖がることはない、人として成長するチャンスでもあると、昔の知人から教えてもらったことがあります。

なるほど、「ものは考えようだな」と妙に納得した憶えがあります。

何か悪い事が起きるのではないかと心配にもなりますが、この時期に今一度、体調管理、生活リズムなどを見直したりして、改めるべき所は改める良い機会だと思って、より良い生活を送れるように心掛けたいものですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
センバツ高校野球の観戦コーデは防寒の服装と紫外線対策(UVケア)
恵方巻き | 100均で手巻き寿司作り | 2021年は南南東
noimage

Menu

HOME

TOP