二日酔い対策 何が有効か考えてみる

 

年末年始は特にお酒を飲む機会が増えますね。
電車の中でも酔っぱらいの人が乗っていると、
その場から離れる人がよく見受けられます。
お酒臭くてイヤですね。

アルコールは、大体肝臓で代謝されて、
二酸化炭素と水に分解され、
尿として体外に排出されます。

その過程で、「アセトアルデヒド」が頭痛と吐き気を起こします。
また、利尿作用で脱水状態になるので、水分補給が必要です。

いつも思うのですが、
なぜそんなになるまで飲むのかなーと思いませんか?

自分も気分悪いだろうし、
周りの人にもかなり迷惑を掛けてしまうのにねー。

二日酔いの治療方法は、「水分摂取」と「休養、時間」しかないようです。
ただの水よりスポーツドリンクのほうが、
体内に吸収されやすいようです。

ただし、このドリンクは飲酒後に飲んでくださいね。
飲酒時に飲むとアルコールの吸収も促してしまいますので。

昔からお酒を飲む時は、
一緒にタンパク質の物を食べると
二日酔いし難いと聞いております。

びたみんB1やB2を多く含む豚肉がオススメです。

二日酔い対策でのオススメとして、
自分のルールやお酒の飲み方を決めていて、
飲んでもこれだけはやるとしておけばいいと思いますよ。

1,宴会時には、早めにしっかり食べるようにする。
2,酔っ払う前に、ノンアルコールを飲み肝臓を休ませるようにする。
3,予定していない二次会、三次会には行かないようにする。

この様に決めておけば、二日酔いから逃れられると思いますよ。

それから、二日酔いから早く立ち直るためとしては

●コーヒーを飲む
二日酔いで、神経の刺激で頭痛が起きるので、
血管を収縮させる為にカフェインで和らげる事が出来る。
人にもよるでしょうが。
でも胃が荒れている時は、控え目にして下さい。

●ウコンを飲む
科学的な根拠はないようですが、
肝機能改善や胆汁を排泄する効果はあるようです。
あまり飲み過ぎると消化障害を起こすので、
適量に抑えて飲むようにして下さい。

●果物を食べる
果糖は、アルコール分解をするのに役立つようです。
お酒は、飲み過ぎると低血糖になるから、
糖分と水分が一緒に取れる果物を食べるのがいいですよ。

これから飲む事が増える人は、
十分気を付けてルールを守って飲みましょう。
自分の為ですよ。自分の体は自分で守りましょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
イツラックを飲み続けた評価 | 市販薬との飲み合わせのことも
イツラックの口コミ | 胃腸の改善効果を実感した体験談
noimage

Menu

HOME

TOP