喘息・鼻炎を軽減する掃除機 | 臭い・汚いを解消 まるで空気清浄機なハウスダスト・ダニ対策

0.3ミクロンの塵ゴミ99.97%以上キャッチ!部屋の空気よりキレイな空気を排出する集塵力で掃除しながら空気を清浄。喘息、皮膚炎、鼻炎、ハウスダスト、アレルギーを軽減。乳幼児、高齢者の肺炎予防にも。

コードレスが人気!(執筆時)
Check!>> 今週の売れ筋は!? 掃除機ランキング[楽天]

空気清浄機みたいな掃除機

以前からよくある紙パック式掃除機を使っていると、排気がクサい、汚い、ウルサイ!家族からも嫌われます。せっかく掃除しているのに、これじゃやっておられませんよね。

なんとか解決できないものか・・・と探して見つけたのが、ダイソンのサイクロン式掃除機でした。

ダイソンのサイクロン式掃除機

排気の吹き出しによる汚れた空気やニオイを解決してくれるような方法として行き着きました。

0.3ミクロンの微細ゴミまでキャッチ

ダイソンのサイクロン式は、超高速回転(10万回転/毎分)の遠心分離機で、微細なゴミまでキャッチできるのです。

まず遠心分離で大部分のゴミをキャッチし、取り損なった残りの超微細ゴミを高精細なフィルターで0.3ミクロンのゴミまで捕らえます。煙の粒子も逃さないほど。

つまり、2段がまえでキャッチしているのです。この高精細フィルターは、いずれは目づまりを起こしますので、定期的に清掃しなければなりせんが。

この仕組で、部屋の空気よりもきれいな空気を排出することになり、PM2.5も吸い取ります。このサイクロン掃除機を使って、掃除すれば、部屋の中の微細なゴミはゼロに近づきます。

床の埃を撒き散らさない

よくある掃除機は、下に置いて使いますから、排気口も床面に近い位置になります。すると掃除を始めた瞬間に、床に落ちている埃が舞い上がってしまいます。

その点、今回のサイクロン掃除機は、吹き出し口が手元にあり、床面よりかなり上に位置しますので、掃除前に床に降りてきていた細かいゴミを吹き散らすことなく吸い取れます。

隅々までキレイに掃除

隙間ノズルなどのアタッチメントがそろってますから、手が届かない隙間や、布団・マットレスのアレルゲンにも対応します。コードレスですから車の掃除にも重宝ですね。

部屋の換気のために窓を開けて外気を入れれば、花粉やPM2.5等も入って来るのは仕方のないことですが、次からの掃除ではそれらを吸い取ることができるという訳です。何ごとも100%ということは難しいと思いますが、部屋の環境汚染はかなり食い止められるはずですよね。

ポストモーターフィルター

今回のダイソン掃除機は、「0.3ミクロンの微粒子を99.97%以上除去する」タイプですが、これはサイクロン技術とポストモーターフィルターによって可能になります。排気がクリーンなのも、この仕組みのおかげ。

さらに、このフィルターの装着により、従来品から吸引力を落とさずに30%ほど静音化されています。

気になるダニや、ダニの死骸やフン、ダニの餌となる人の皮膚・老廃物などを吸い取る&撒き散らさないことが重要ですが、この「サイクロン+ポストモーターフィルター」が大きく貢献しているのです。

ポストモーターフィルターが採用されたのは、2015年に出たV6シリーズから。V6シリーズでも、安く売られている並行輸入品など、一部では「ポストモーターフィルター」が付かないモデルもありますのでご注意を。

ポストモーターフィルターのメンテナンスについて。定期的な清掃が必要ですが、取り外しは簡単です。何度でも使えます。水洗いも可能ですが、その場合は24時間以上の乾燥が必要です。

毎日使いたいという人の中では、フィルターの単品を予備で買って使い回すこともあります。

参考 ポストモーターフィルター V6用

クチコミ評判

コードレスは扱いやすくていいですね。女性も高齢の方も、片手でお掃除できてラクです。毎日のようにする掃除は「続けられる」ことが大切。ただし、バッテリー駆動ですから、時間に制限があります。

V6モデルで約20分。短いかも知れませんが、こまめに掃除していれば、それほど長い時間は必要ありません。しばらく充電しながら、休み休みしてもいいですね。

  • レバーを引いている時しか吸えない「トリガー式」はちょっと不便。
  • 重さはそれ程でもなく気に入りました。毎日のように掃除してます。
  • 「吸引力は低下しない」って本当ですね。
  • 耳に近いところでモーターが回っているのに意外と音は静か。
  • 車の中も掃除できるのは大助かりです。
Check!>> Dyson V6 Fluffy SV09MH

参考 運転時間 約30分に進化したモデル
Dyson V7 Fluffy SV11 FF

掃除するほど体に悪い?

ほこりや抜け毛、食べかすなどはハウスダストアレルギーの原因です。 こういったものを綺麗にするには、毎日の掃除は欠かせません。

掃除で使うものが掃除機ですが、選び方を間違えると、ただ埃を撒き散らすだけの空気の汚染源になってしまいます。よくあるタイプのパック式掃除機では、「掃除するほど体に悪い」ということに繋がります。

参考新型も値落ちしてるかも!?
ダイソン サイクロン コードレス 一覧 [楽天]

掃除を始める前は、部屋の床面に落ちていたミクロンの微粒子たちが、掃除を始めた途端、排気の爆風で空気中にまき散らされます。そして、小さい微粒子は落下する速度が遅いので、長時間にわたり空中に漂っています。それを人が吸ってしまうんです。これら微粒子はハウスダスト、ダニの死骸、花粉などです。喘息、皮膚炎、鼻炎、アレルギー性疾患の原因となります。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP