正月太り解消法

 

クリスマスやお正月とご馳走続きで、
どうしても食べ過ぎてしまいます。

当たり前の事ですが、
至福の後には苦労が待ってます。

さて、お正月料理などは、
どうしても日持ちが必要なので、
味が濃くなってます。

塩分、糖分の摂り過ぎが一番の原因で、
体が浮腫んで(むくんで)いると思われます。
その解消法にはいろいろあります。

1.正月太りで最初にするのが、むくみ解消です。

足などをマッサージして、
リンパの流れを良くして、体内の老廃物を排出する。

2.脂肪がついてる場合が多いので、
脂肪を燃焼させる事が必要です。

それは有酸素運動です。
結局はウォーキングです。

ただ歩けばいいのではなく、

◆膝とつま先が同じ方向を向いている。
◆両膝が体の正面を向いている。

こんな事を意識して、
体調に合わせてする事が必要です。

3.そばご飯を食べる。
ご飯を入れた炊飯器や土鍋に
そばを短く切って入れ、普通に炊く。
ルチンという物質が出て体にいいようです。

4.やらなければならない仕事を
後回しにせず、すぐにやる。
摂取カロリーを減らすためです。

そして、温かいお茶やガムを噛むようにします。

5.タオルで簡単な体操をします。

肩幅より少し長めのタオルを用意し、
両手でピンと張り、上半身をねじります。

反対側もやります。
今度は上、下にも屈伸をやります。
体のクビレがよくなります。

6.最後に、普段の食事に
一日も早く戻す事です。
目標がぼんやりしてたり、
一人でこそこそやっても結果は出ません。

明確に何月まで何キロ痩せたいのか、
しっかり道筋を考えてダイエットします。

友達や家族、恋人などと一緒にやれば
長続きすると思います。
持続させなければ成功はないでしょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
イツラックを飲み続けた評価 | 市販薬との飲み合わせのことも
noimage
noimage
小豆のアクは体に悪い? 栄養や効能とアク抜きの方法など

Menu

HOME

TOP