都大路を走る高校駅伝で隠れた能力の発見

毎年、大学の箱根駅伝は物凄い迫力で盛り上がっています。
京都では、全国から高校生の優秀な代表アスリート達が集合し、
駅伝競走をします。
今年(2015年)も12月20日、西京極陸上競技場から出発し、
都大路を力走します。

2020年の東京オリンピックで活躍できる選手を発掘する場所でもあり、
育成にむけてプロジェクトを組み、これから磨いて宝石を発見する大切な競技、
場所でもあります。

駅伝は、トラックを走っている時と違い、
「自分らしくない」レースができるので、
そこに面白さがあります。今までにない記録が出たり、
自分でも気付かなかった能力に気づいたり、
集中力や緊張感で、自分探しにもなります。

観客の声援に押されて実力を発揮し、
一躍脚光を浴びると、本当に伸びる選手がいます。
その選手を発掘する事は、宝物を探すようで、ワクワクします。

各都道府県から、トップクラスの選手が集まり競争するのです。
自ずから期待がかかります。
日本の長距離を背負って、支えていく選手ばかりです。

また、競技力の向上だけでなく、
健全な精神力を持つアスリートを育成する役割もあります。
強くなる事も大切ですが、一番大切な事は、
立派な社会人としての人間形成です。

礼儀作法も大切です。
人に会ったら挨拶をしたり、戦う相手と交流を持ち、
絆を築く事などなかなか難しい事かもしれませんが、
それが強い人間を作る事にもなります。

高校生としての規則を守り、授業をしっかり聞いて、
宿題もきちんとやる事が、生活も安定するし、
いろんな事を言われてからやるのでなく、
自分から進んでやる人間になれます。

この様な人間形成をしながら選手として頑張る人は、
磨けば光る選手ばかりです。
精神的に強くふさわしい選手が、
ひとりでも多く出て来る事を期待します。

京都での開催50年目の節目です。
一つのゴールを目指して体得する事は大きな意味があります。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
100均 お名前シール | 防水 耐水性をテスト | 実用レベルに耐えられる?
noimage

お年玉の由来

Menu

HOME

TOP