お年玉の由来

お年玉の由来

昔はお年玉は、お金でなくお餅だったそうです。

お年玉の語源はお供えしたお餅を

お下がりとして食べさせて、「御歳魂」と呼んでいた。
ちなみに、この餅を食べる為の料理がお雑煮でした。

だから雑煮には必ずお餅が入っているのです。

お餅がお金へと変化していったのは、お餅以外にも

物や小遣いを与えたりする事があり、

それが時間が経つにつれお金に変わっていったようです。
お餅がお年玉として配られていた事は初めて知りました。

お餅は、お金の代わりになる程に貴重な物だったと言う事が分かりました。

一年の始まりのお正月には、神様が家に来ると信じられていて、

神様をお迎えする為にお供え物をしてました。

お供え物に神様の魂が宿り、家長が受け取る事ができた。

(最近は核家族化で家長とかの言葉さえ聞くことはありませんね。)

そのお供え物を分け与えるようになった。

その名残りで家長が一年の健康を願って渡すのがお年玉です。
私にも孫がいて、毎年お年玉をあげてますが、

いつもどれだけあげれば良いか考えてしまいます。
相場としては

未就学児童  約2,500円

小1~3年生 約3,000円

小4~6年生 約4,000円

中学生 約6,000円

高校生 約8,000円

大学生 約10,000円
こんな風になってるようです。

私も渡す額が大体相場と同じで安心しました。

お年玉の使い道やお誕生日にもお金をあげてますが、

色々考えて貯金もし、好きな物を買ったら写真に撮って送ってきてくれます。

遠くに住んでいるので、すぐには会えませんが。

ともあれ、孫も健康ですくすくと育ってほしいといつも願ってます。

お陰様で元気に頑張っております。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
厄除け饅頭 | 配る時期や由来・意味・通販情報 | 厄年に配るもの
noimage
noimage
noimage
noimage
終活の手始めは 身の回りの整理から!残される家族のために準備しておきたい事は?
noimage
noimage
喪中の年越し 正月飾り 嫁の立場 | 実家の親が亡くなった場合は?
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP