イツラックを飲み続けた評価 | 市販薬との飲み合わせのことも

腰の辺りを圧迫骨折してしまい、姿勢が悪くなったせいか、逆流性食道炎になってしまいました。毎日ゲップが出たり、胃酸が上がってきて憂鬱な日を送っていました。
市販の胃薬を飲んでいましたが、弱っている胃を根本的に治したいと思い、【生薬製剤イツラック】というものを知り、試してみることにしました。
イツラックは胃酸を抑えたり、ゲップにも効果的と聞いていましたので期待しました。早い段階から効果を感じていましたが、「胃薬みたいなサプリ」として1年以上愛用しました。
おかげさまで胃の調子が落ち着きましたので、とりあえず「卒業」ということにしました。(飲み合わせのことも書いておきます)
【更新日
以前の記事
イツラックの口コミ | 試して1カ月

イツラックで胃酸過多改善

飲みだして3~4日目で、胃酸が上がってきたり、ゲップの出る回数が減り、少しずつですが、楽になって来ました。

それと同時に、薬の量も最初は5粒飲んでいましたが、徐々に減らしています。今では、朝1粒夜2粒を食前に飲んでいて、余程食べ過ぎない限り胃酸もゲップも上がってきません。

現在は、普段と同じように食べることが出来て、本当に嬉しいです。しかし、油断は禁物ですので、肉類や脂物は控え目にして、野菜を多く摂るように心がけています。

イツラックの主成分 生薬の効果

逆流性食道炎は、再発しやすいと聞いておりますので、続けて飲むことが有効です。イツラックは生薬製剤ということで、飲み続けても体への負担が少ないようで助かります。

「医薬品」ではありませんから、即効性はありません。含まれる生薬の成分が、胃を元気にしてくれます。

イツラックの生薬

これらの配合のおかげでしょうか、胃酸やゲップの上がってくるのが抑えられて、胃を元気にしてくれていると思います。

桂皮(ケイヒ)

ケイヒは、「シナモン」として有名です。香りが良く、お菓子などにも利用されています。血行改善、免疫力の回復や胃腸を整える働きがあります。ケイヒは多くの健胃剤として使われている生薬です。

丁字(ちょうじ)

「チョウジノキ」(クローブ)の蕾を乾燥して作られていて、胃を温めたり、消化を促進させる働きがあります。また、吐き気を抑える作用もあります。

茴香(ウイキョウ)

「ウイキョウ」(フェンネル)の果実を乾燥させたもので、健胃や鎮痛作用があります。神経性胃炎、慢性胃炎、胃酸過多症などに効果的。ただし、妊婦や授乳中の人は避けましょう。

イツラックは、西洋医学のように「症状に注目」しているのではなく、漢方の考え方から、「原因に注目して」作られています。

イツラックの副作用について

薬(医薬品)ではなくても、「アレルギー」が起きる可能性は全くゼロではありませんが、副作用の心配はしなくて大丈夫でしょう。

もしも、飲んでみてすぐに不具合・違和感を感じてしまうようなことがあれば、10日間の返金保証もあります。(公式サイトで購入の場合)

妊娠中・授乳中の方

注意事項として、妊娠中・授乳中の方は、服用前に医師・薬剤師に相談してください。

食べ物の中でも、赤ちゃんに影響が出るものがあったりしますので、念のため、担当のお医者さんに相談しておくと安心です。

摂取を控えるべき場合

エストロゲン様作用が示唆されるので、乳がん、子宮がん、卵巣がん、子宮内膜症、子宮筋腫の方は、摂取を控えて下さい。

イツラックのエストロゲン様作用

エストロゲンとは、 女性ホルモンの一つで、「卵胞ホルモン」と呼ばれています。女性らしさを司る働きがあります。

「エストロゲン様作用」とは、「エストロゲンに似た働き」を持つ植物の成分作用の事で、「植物性エストロゲン」と言われたりもします。

エストロゲンとは分子構造が似ているだけで、全く同じものではありませんが、イツラックに含まれる成分が エストロゲンに似た働きをする可能性があるとのこと。

エストロゲン受容体

このエストロゲン様作用の何がいけないのかといいますと、例えば乳がんの場合。乳がんの中には、女性ホルモン 「エストロゲン」 の影響を受けて増殖するものがあります。

女性ホルモン「エストロゲン」が、さまざまな働きをするために、女性の体の細胞にエストロゲン受容体( 卵胞ホルモン受容体 )というものがあります。女性ホルモンの「受け皿」みたいなイメージでしょうか。

乳がんの中には、がん細胞にこの「エストロゲン受容体」を持つタイプがあります。そこにエストロゲンが結びつくことによって、がん細胞が増加したりすることが原因で、悪影響となるわけです。

先にお伝えしましたように、イツラックには女性ホルモン「エストロゲン」に似た作用( エストロゲン様作用 )を引き起こす可能性があります。

そのような理由から、上記の様な疾患(ホルモン感受性・ ホルモン依存性 )のある方は、摂取を控えて下さいということになります。

このような疾患がない方は安心して使えます。続けて飲むことでじわじわと胃を元気にしてくれます。


イツラックで治癒力アップを感じる

生薬製剤イツラックを飲み始めて4ヶ月、かなり良くなりましたが、自然に治す力を高めてくれますので、自分で納得行くまで飲んで様子を見たいと思います。

逆流性食道炎で苦しんでおられたら、飲んでみる価値はあると思いますね。合わなければいつでもストップ出来ますよ。

イツラック続けてます

逆流性食道炎になって、とにかく一日も早くこの苦しさから開放されたい!と思い、このイツラックを飲んでみました。

生薬製剤イツラックは、指定医薬部外品の健胃清涼剤です。体への負担は少ないので、もうしばらく試して見ようと思います。私は飲んでみて良かったと思います。体がかなり楽になりました。

追記:7ヶ月が経ちました

イツラックを始めて7ヶ月。最近はずっと調子もよく、胃酸過多症を忘れるぐらいになりました。

しかし、これからお正月も来るし、どうしても食べ過ぎたり、脂物も食べる機会が増えますので、まだまだ油断しないように続けていこうと思います。一日も早くスッキリなるよう、もう少し続けて見ようと思います。

イツラック試して約1年

ずっと欠かさず飲んでいます。小さい粒なので簡単に飲めますし、ほとんど忘れた事はありません。

だんだん調子も良くなって、よほど食べすぎない限りは胃酸過多も忘れるほどになったので、試して約7ヶ月が過ぎた頃、イツラックを飲む量を減らしてみました。

量を減らしてしばらくすると「機能性ディスペプシア」のような症状になりました。みぞおち辺りがなんとなく痛くて、熱を持っている感じになりました。

胃腸に特別な異常がないのに、慢性的に胃が痛くなったり、もたれたりする症状を「機能性ディスペプシア」と呼ぶそうです。(ストレス性胃炎や神経性胃炎とも)

これはイツラックの量を減らしたからだと思って、また1カプセル増やしてみました。

イツラックと市販薬の飲み合わせ

機能性ディスペプシア状態が、イツラックだけで収まるかどうか不安な面もあり、(早く症状を抑えたい)市販の胃薬も併用してみました。

イツラックは「医薬品」ではなく、サプリ(健康食品)なので、基本的に併用は大丈夫です。

ですが念のため、飲む時間をずらして、イツラックは午前と夜に、市販薬は昼食後に服用しました。

症状がおさまり、楽になりましたので、市販薬は結局のところ4~5日しか使いませんでした。

併用日数が少なく、私個人では問題ありませんでしたが、(自己責任で)医薬品と健康食品(サプリ)の併用に関しては、医師・薬剤師へ相談したほうがいいでしょう。

併用する薬の種類によっては、同じ効き目が重なり不具合が出る可能性も考えられます。特に何種類も薬を飲んでいる(多剤服用)状態では、危険な場合もあります。
ドラッグストアなどで市販薬を購入する時や、他の処方薬を使っている場合は、医師・薬剤師さんに相談することをオススメします。「お薬手帳」があるのでしたら、持参して相談してみましょう。

服用の仕方としては、イツラックのような漢方系のものを食前に、西洋薬(医薬品)を食後に、少し時間を空けて服用するようにしてました。

やはり効果を感じてます

現在は、イツラックを朝に1カプセル、夜に2カプセル飲んでいるだけで、調子は良いです。ただ、ちょっと食べ過ぎたら胃酸が上がることもあります。

ある程度は自分の体調と相談して、量を調節できる点は、用法・用量を決められている薬(医薬品)とは違い融通がききます。

こうして様子を見ていると、やはりイツラックの効果を感じています。やはり続けていて良かったと思います。

追記:いったん終了

1年半弱の間、量を減らしながら様子を見たり、いろいろありましたが、おかげさまで調子が安定しています。この辺りで「ひと区切り」としまして、イツラックをお休みすることにしました。

普段の食生活では、できるだけ油モノを控えるなど、胃腸への負担を気にしながら生活しています。

その後も安定

イツラックのおかげで楽になり、「いったん終了」して1年ほど経ちます。

食べ過ぎに気をつけたり、油ものを控えた(たまには食べます)食生活も継続できていますので、逆流性食道炎に悩まされることもなく過ごせています。

「イツラック」で、胃腸の環境が良くなり、それをキッカケにして、生活の見直しができたのが良かったのかな、と思います。

私の場合は、状態がよくなってからも「健康食品として」1年以上続けてましたが、症状が改善すれば、そこまで長期に続ける必要はないと思います。

イツラックの取扱店

イツラックは薬局やドラッグストアでの取り扱いはありません。「公式サイト」「Amazon」「楽天」にて取扱いがあります。

下記のイツラック公式サイトでは、詳しい説明とお得なキャンペーンも受けられます。

楽天ではしばらく出品されてませんでしたが、最近チェックしてみたところ、有りました。

楽天 生薬製剤イツラック

Amazonには以前より出品されてます。

アマゾン 「イツラック」(Amazon)

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
小豆のアクは体に悪い? 栄養や効能とアク抜きの方法など
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP