子どもを紫外線から守りたい!外遊び対策と日焼け止め選び

子どもが外で、元気に遊ぶ姿は健康的ですが、日光浴は度が過ぎると良くないとの指摘も。最近では母子手帳でも「日光浴」という項目は削除されているそうです。

紫外線の悪影響がわかってきて、対策をした方がいいという事です。今回は、どのような対策をすれば良いのかについて調べてみました。

子どもを守る紫外線対策

子供の頃に、紫外線をどれだけ浴びたかによって、大人になった時、悪い影響が出るようです。

紫外線を浴びた量によって、皮膚がんになる確率も上がり、紫外線を浴びれば浴びるほど、シミやシワも出やすくなることが分かっているようです。

日本人は、大人になってから紫外線のケアを意識し、あの手この手で日焼け止めを塗って対応していますが、実は、子供の頃に浴びた紫外線の影響が、大人になってから出てきます。

若い頃に大量に紫外線を浴びていれば、悪影響のリスクが高まります。なので、赤ちゃんの頃から、親が気をつけて紫外線対策をすることが重要です。

子供の紫外線対策に適した環境

子供が、思いっきり遊べるようにするためには、親がその環境を整えてあげる必要があります。

その方法としては

夏でも長袖長ズボン

一番紫外線の強い午前10時から午後2時頃は、外出を控えましょう。しかし、そうは言ってもなかなか難しい事ですね。20分以上外で遊ぶ場合は、日陰を選び、帽子はつばの広い物をかぶらせて、服装も涼しい素材の長袖長ズボンをオススメします。

曇りでも油断しない

今日は曇りだと思っても、紫外線はお天気の日の約8割位は出ていますので、油断は禁物です。肌が露出している所には、日焼け止めを塗っておきましょう。帽子はくれぐれも忘れないように。

プールや水遊びの後

プールや水遊びをした後は、バスタオルを羽織ったりして、テントやパラソルなどで日陰を作り、直射日光が当たらないようにして、こまめに日焼け止めを塗りましょう。

ベビーカーに日よけ

ベビーカーは、地面と一番近いので、かなり暑いですよね。背中の辺りには、タオルに包んだ保冷剤を入れたり、日よけカバーをつけて、日光が直接当たらないように注意してあげましょう。

子供の紫外線対策に適した日焼け止め選び

赤ちゃんや子供は、肌が敏感なので、日焼け止めを使うよりも、直射日光が当たらないようにしてあげることが大事です。

必要性を感じる場合は、赤ちゃんの肌に負担のかからないタイプを使いましょう。

化学原料が多く使われてるものは、刺激が強いので、無香料無着色で、天然由来のオーガニックのタイプを選びたいところです。

例えば以下のようなUVケア商品があります。

オーガニックなベビー用スキンケアの「アロベビー」というブランドから出ている、1本でUVと虫除け対策ができるミストスプレーが便利で、成分も安心できるものになっています。

懸念される成分「合成紫外線吸収剤」「ディート」不使用です。




Check!>> アロベビー【楽天】

最後に

赤ちゃんや子供の頃から、日焼けに気をつけて対策をしていく事が重要です。

早い時期から、親が気をつけてケアしてあげていれば、大人になった時に皮膚がんやシミ、シワなどを防ぐ事ができるので、小さいうちから外で遊ぶ時には、日焼け防止をしっかり対策してあげましょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
マグネシウム【ガッテン!】糖尿病と心疾患を予防する栄養素って!?
小豆のアクは体に悪い? 栄養や効能とアク抜きの方法など
noimage
noimage
【体験談】中高年男性の 尿漏れと頻尿を 改善する食材とツボ
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP