ワンちゃんに服を着せる理由 | 嫌がるワンコにレインコートを着せるには?犬用の服を100均グッズで代用

最近のワンちゃんは、まるでお人形のように、可愛い服を着せられ、ひょこひょこ歩いている姿を、よく見かけますね。飼い主さんの趣味でしょうか?ワンちゃんは喜んでいるのでしょうか?着せるメリットは何でしょうか?少々気になりましたので調べてみました。

ワンちゃんに服は必要?

昔は犬は外で飼い、猫は家の中で飼うのが当たり前でしたが、最近は、犬も部屋の中で飼うのが基本のようですね。部屋の中は、年中温度調節がされていて、そんな環境の中で飼われているので、換毛不全のワンちゃんが多いそうです。

換毛がうまく出来ていないので、新陳代謝も悪く、免疫力も弱いようです。そのため、寒い季節などは、服を着せた方が良いようです。

飼い主さんの自己満足で着せているものだと思っていましたが、このように免疫力がなくなっているから必要のようです。また、防寒対策以外にも、草ダニや草の実が付かないようにの予防になるようです。なので、ワンちゃんの服を選ぶ時は、静電気が発生しない素材を選ぶようにしましょう。ファッション性だけで選ぶと、ワンちゃんにストレスが溜まります。

ワンちゃんが服を嫌がる

ワンちゃんもそれぞれ性格があって、どうしても服を嫌がる場合は、普段は着せないという方も多いようです。ただし雨の日には、レインコートを着せて散歩に行くようにしているそうです。

ワンちゃんの服には、背中だけに着せるもの、四肢を通して着せるものなど、色々あるようですが、なるべくワンちゃんの負担にならないように気をつけましょう。

散歩はワンちゃんにとって、ストレス解消と排便があると思いますが、排便は小さい時から家の中でさせるように躾ける方が、雨や雪や、飼い主さんが病気したりした時に助かりますね。出来れば、用を足してから散歩に行くようにすれば、ご近所の方に迷惑をかけることもなくなります。

犬に着せやすいレインコート

雨の日はやはりレインコートが必要ですね。ずぶ濡れになってしまうと、タオルで拭くだけではドロドロになった足などは、洗ってあげないと指間炎にもなってしまいます。体の方もお風呂場に直行となり、後始末が大変です。しかし、レインコートを着せていれば体は濡れないので、足だけ洗えばいいですね。

レインコートも洋服が苦手な犬のために、首元とお腹の所をマジックテープで止めるだけの簡単な物があり、着せやすく、ワンちゃんも動きやすくなっていて、ストレスもかかりません。素材も撥水加工されているもので、帽子の形をした物を選べば、濡れずに快適に散歩できますよ。

100円ショップで犬用レインコートの代用アイテム

ワンちゃんの服やレインコートって、結構良いお値段がしますよね。そんな時安く仕上げるには、100均で間に合う物がありますよ。子供用のレインコートや自転車の前かごのカバーとか、ちょっと工夫してみてはいかがでしょうか?服も手作りすればオリジナルの服ができて、可愛いですよ。

まとめ

ワンちゃんに服を着せると、お人形さんみたいで可愛いですね。服を選ぶ時は、ファッション性に気を取られずに静電気などおきない素材を選ぶことが大切です。

服を着るのをどうしても嫌がる場合は、止めておいても、雨の日のレインコートは必要性があると思います。レインコートは防水加工されたのを選び、体が濡れないものを選びましょう。そして、楽しい散歩にしてあげて
下さい。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
厄除け饅頭 | 配る時期や由来・意味・通販情報 | 厄年に配るもの
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP