お雑煮の由来と各地方による違い

日本では元日になると神様がやってくるという
言い伝えがあり、その神様にお供えとしてお餅を飾ります。

それが鏡餅です。

神様にお供えしてからお餅を食べる事により、
恩恵を受けられると考えられた。

鏡餅が丸い形で重ねられているのは、
夫婦円満、一年をめでたく重ねる、
といった素敵な意味が込められています。

以前はお年玉として、お金でなくお餅だったそうです。
そのお餅を食べるための料理がお雑煮でした。

簡単にいうと、お雑煮を食べるのは神様から力を貰って
元気に一年を過ごすためと言う事になります。

以上のように一年を無病息災に過ごすために食べる物です。

私はお年玉の代わりにお餅が配られたとは、
今回初めて知りました。

お雑煮は、何でも雑多に煮ると言う
誤解が広まってしまっているようですが、
こんなにも言い伝えがあるなんて、
あまり考えた事がありませんでした。

お雑煮は、地方によって
食べ方や具材が異なっています。

恐らく一番有名な違いは、
東西のお餅の形の違いではないかと思われます。
東日本では角餅で醤油仕立てです。

西日本では丸餅で味噌仕立てです。

この餅や味の違いはいろんな説があるようです。
関東では、人が多いので沢山作らないといけないので、
早く出来るとうに角餅にしたようです。

関西では円満を重視して丸餅になっているようです。

そして、角餅と丸餅の境目は、
関ヶ原の戦いが関わっているらしく、
岐阜県だそうです。

関西は味噌仕立てですが、
関東と関西の一部を除く西日本では
圧倒的にすまし汁が多いです。

出雲や能登半島の一部では、
小豆汁の雑煮を作るようです。
私は、どういう訳か母が作ってた
鶏ガラスープのおすましの雑煮です。

そして輪きりの人参、大根、里芋、
みつ葉、餅をいれます。

円満に過ごせるようにと
野菜も餅も丸にこだわってます。

すごくシンプルですがコクがあって美味しですよ。
それから、珍しい雑煮を紹介をしますと

◆岩手県
醤油味に焼いた角餅。
雑煮に入っている餅は、くるみを擦って
砂糖と醤油で味付けしたタレをつけてたべる。
◆香川県
白味噌仕立ての汁にあんころ餅を入れた雑煮。

◆徳島県
いりこだしで醤油仕立てで、
具材は豆腐2丁と里芋だけの餅のない雑煮。

◆奈良県
味噌仕立てで、四角に切った豆腐とコンニャク。
輪切りにした野菜と丸餅。
そして雑煮の餅はきな粉をつけて食べます。
黄色のきな粉は豊作を意味します。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
生クリームの代用 | ホイップしないでケーキ作りを楽に【マシュマロ フラフ】カルディで見つけた!
noimage
noimage
noimage
メゾンカイザー 大阪限定【パン大阪】味わい深い小麦とずっしり感 | イートインできるパンカフェ
noimage
おいしい豆乳ヨーグルトの作り方。 乳酸発酵キャベツを使った植物性乳酸菌の効果って?
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP