頑固な便秘はデトックスウォーターで解消!塩レモンのペクチン効果で腸をキレイに

便秘に悩んで「なんとかしたい!」と、ヨーグルトやバナナを食べたり、野菜を意識したり、といろいろ試しておられると思います。でも、なかなか思うように結果が出ないことも。
今回は、頑固な便秘が解消できるというデトックスウォーターをご紹介します。
【更新日

頑固な便秘にデトックスウォーター塩レモン水

便秘を解消するために、食事を見直したりしておられると思います。

でも、まずは溜まった排泄物を先に取り除く事が先決なのです。その方が、お腹に良いものを食べる効果も高まります。

そのためには、家庭で簡単に作れる「デトックスウォーター」で解消しましょう。

頑固な便秘を解消するレモンのペクチン食物繊維

レモンには、「ペクチン」という水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方の働きがあります。

便秘になると気持ち悪くなったり、腸の働きが弱ってパワーがなくなり、消化の力も弱くなってきます。

この消化のパワーを助けるのが、塩レモン水です。

レモンに含まれる不溶性食物繊維が体内で膨張して、便の量を増やし、腸の働きが活発になります。

みずみずしい果物ですから、水分も多めに摂ることになり、便秘の解消にも繋がります。

レモンには、ビタミンCもありますので、美容効果や免疫力を高める効果もあります。

スポンサーリンク

レモンのペクチンで腸をキレイに

レモンに含まれる食物繊維の一種であるペクチンは、腸内の善玉菌である乳酸菌を増やしてくれるので、腸の働きが良くなります。

そして、ペクチンは腸内ではジェル化します。イチゴジャムなど作ったことのある方は、レモン汁を入れてドロッと固めますよね。それがペクチンの作用です。

この様に粘性がありますので、腸内に溜まっている不要物を絡め取りながら、体外に排出するお手伝いをしてくれます。

このペクチンのお陰で、便秘改善や解消をしてくれます。塩レモンを効果的に飲むには、朝起きてすぐにコップ一杯を飲むをオススメします。

塩レモン水の作り方

1、水200~250mlを用意する

2、レモン半分の果汁かスライスしたものを入れる。

皮のまま入れる場合、国産の無農薬のものが望ましいです。

また、レモン汁が面倒であれば、市販の無添加100%レモン汁を使用しても良いですよ。

3、塩を小さじ半分入れる。(塩は質の良いものを使いましょう)

注意としては、あまり酸っぱくしないようにして下さい。胃に負担がかかりますので、分量を加減して下さい。

また、塩はなくても効果はありますので、塩が気になる人は入れなくてもいいですよ。

ただ、塩は腸の働きを良くしますので、できれば入れた方がいいですね。

毎日飲む量だけ作るのが面倒な方は、まとめて作って冷蔵庫に保管してもいいです。

スライスレモンを入れた場合は、作る量にもよりますが、あまり長く入れておくと苦味が出てきます。

まとめ

レモンに含まれるペクチンという食物繊維が、代謝をアップしたり、腸の働きを良くすることで、美肌や免疫力アップなど、いろいろな効果を高めるのに役立ちます。

特に便秘には、朝一番に飲むことで効果がありますので、頑固な便秘に悩んでおられる方は、試してみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

手作り昆布ローション(化粧水)作り方 | 乾燥肌しっとり!日焼け シミ シワ くすみ対策
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
イツラックを飲み続けた評価 | 市販薬との飲み合わせのことも
noimage
noimage
noimage
noimage
小豆のアクは体に悪い? 栄養や効能とアク抜きの方法など
noimage

Menu

HOME

TOP